語学学習ブログ

主に語学学習について書きます。英語が中心になります。たまに雑記も書きます。

ブログ500記事を書いての感想

 「今年度以内になんとか500記事書こう!」と決心を抱きつつ、気づくともう12月23日。

 

 ようやっと(この記事で)500記事書くことができました。

 

 今日は500記事を書いての感想を書きまっす。

 

感想

長かった

 500記事到達まで結構長く感じました。

 100記事、200記事、300記事、400記事を書くのはそんなに長くは感じなかったのですが、500記事は長く感じました。

 

 その理由を考えると、

 今年はブログ執筆をサボることが多かった

 ネタが思い浮かばない

 ことですかね。

 

 今年は結構ブログをサボっていました。というか、後半にバテた 笑

 6月7月は確か毎日書いていたのですが、8月から失速し、以降は月二けたの記事も書けず。

 書く時間はあったのですが、怠惰に身を任せてしまい、あとは今年は面白いドラマが多かったので、それを見た結果、サボタージュしてしまいました。

 ドラマは「半沢直樹」、「ハケンの品格」、「私たちはどうかしている」、「七人の秘書」、「35歳の少女」、「先生を消す方程式」を見ていました。

 

 いや、普段はテレビはあまり見ないのですが、今年はコロナ脳どもがバカ騒ぎしたせいでの影響もあり、家にいることが多く、結果としてドラマを見る時間が多くなりましたね。

 まあそれでも内容はとても面白く、テレビ視聴も悪くないなと思いました。

 そんなんでテレビを見る時間が多くなり、ブログをサボったのでした。

 

 あとは、ブログネタの枯渇。

 私事でアレなのですが、今年になり英検準1級に合格したんですよ。

www.whatithinkandfeel.net

 

 だから、このブログも英語関連の記事を多くしようと思い、英語ネタを考えていたのですが、かえって全然思い浮かばず。

 というか、英語というジャンル自体、競合が多すぎて書く気が失せるんですよね…。

 TOEIC満点、英検1級なんてザラにいますし。

 

 そういうこともあり、何を書こうか迷走し、なかなか記事が書けなかったです。

 (言い訳)

 

 まとめると、惰性に走ったのと、ブログネタが思い浮かばずで記事をあまり書かなかったので、500記事書くのがとても長く感じました。

 

きつくはなかった

 まあ500記事書くまでは長いとは感じましたが、きついとは思いませんでしたね。

 ゆるふわな感じで記事を書いてきたので、そもそもしんどく感じなかったのと、あとは文章を書くのが好きなんでしょうね。

 相変わらず収益にはなっていませんが…。

 4月にようやっとアドセンスの振り込み基準額には達しましたが。

 

 もし、金目的でやっていたら、とてもきつかったですし、早い段階で挫折していたでしょう。

 金目的でやるのも悪くはないと思いますが、それを押し付ける風潮はマジでウザいですよね。

 

 まあゆるくやっていたこと、趣味でやっていたこともあり、そんなにきついとは感じずになんとか500記事書いたという感じです。

 

今後について

 今後についてですが、一応語学ブログという体裁を取りつつも学歴ネタであったり、プロ野球ネタであったり、語学兼雑記的な感じで書いていきたいと思います。

 

 当面は語学ブログですが、何かのキッカケでまた方向性が変わるかもしれませんw

 

 ということで今日は以上です。