語学学習ブログ

主に語学学習について書きます。英語が中心になります。たまに雑記も書きます。

【プロ野球】ドラフトで指名された選手の契約金はなぜベラボウに高いのか?【考えられる3つの理由】

full-count.jp

 昨日はプロ野球のドラフトがありましたよね!

 私の出身地である北海道からは伊藤大海投手(苫小牧駒澤大学)や川村説人投手(道都大学)、若林楽人選手(駒大苫小牧駒澤大学)などが指名されました。

 他にも多くの選手が指名され、全体として北海道豊作!だったように思います。

 

「三塁ベースと白線(野球練習中)」の写真 で、ドラフトでいつも私が気になっているのが、指名された選手の契約金。

 ドラフト1位で指名されれば契約金は約1億円、下位指名でも約2000万円はもらえるんですよね。

 年俸とは別にもらう金ですから、それと合わせればかなりの額になります。

 特にドラ1だと年俸はだいたい1500万ですから、マジですごいですよね。

 

 んで、思うのです。

 なんでドラフト指名された選手の契約金ってこんなに高いの!!!???

 確かに税金でそれなりの額を差っ引かれるとは思いますが、それでも高いですよね。

 

 ということ今日は、なぜドラフトで指名された選手の契約金はベラボウに高いのか?そのことについて書いていきます。

 

 

ドラフトで指名された選手たちの契約金が高い理由

1.退職金がない

 1つ目に考えられる理由、それはプロ野球選手には退職金がないからだと考えられます。

 

 一般的な会社員や公務員は定年まで勤め上げたら、退職金がもらえます。

 退職金の相場もだいたい2000万円前後でしょう。

 それに定年まで身分が保証されています。

 よほどヘマをやらかさない限り、定年まで勤め上げることができます(今後は成果主義の導入などで変わっていくかもしれませんが)。

 ということは、定年まで路頭に迷うことなく、確実に退職金がもらえる可能性が高いです。

 

 その一方、プロ野球選手は個人事業主であり、会社に所属しているわけではないので、退職金がもらえないんですよね。

 なので、感覚的には、退職金を最初に渡してしまうという感じだと思います。

 

2.解雇される危機にされされている

 ただ、退職金を最初に渡すと言われても納得できない人がいると思います。

 

 「別に退職金を前払いする必要なんてなくね?なんで何千万円というお金を最初に渡してしまうの?まだ成績すら残してないのに!」

 と思う人がいるでしょう。

 

 でも、プロ野球選手は常に解雇される危機にさらされています。

 プロ野球というのは、結果が全ての世界です。

 1年2年結果を出せなかったらクビになってしまいます。

 なので、一般的な会社員や公務員と違い、身分が不安定なんですよね。

 クビになったら、球団は転職のバックアップなんてしてくれないので、当然無職・無収入・無一文になってしまいます。

 (それなりに成績を残した選手は、コーチや球団職員のオファーがあるみたいですが)

 

 そうなった時のために多額の契約金があると、とても助かるんですよね。

 無収入の期間も生活できますから。

 もし結婚をして子供を育てている選手がクビになったとしたら、残しておいた契約金で生活を維持することができます。

 (散財して全て使い切っていたら話は別ですが)

 

 残酷な現実ではありますが、プロ野球で活躍できる選手はほんの一握りです。

 大多数は数年で解雇されてしまいます。

 なので、安定した身分が保証されていないこと、つまりいつでも解雇されて無職になる危険性があるゆえに、入団する段階で高い契約金を得ることができるのだと思います。

 

3.将来に対する投資

 あとは将来に対する投資という意味で、球団は高い契約金を払っているのだと思いいます。

 もしドラフトで獲得した選手が活躍して、球団が優勝したら莫大な利益を得ることができます。

 おそらく数億円規模の利益を球団は得ることができるでしょうし、それだけでなく、その球団の本拠地がある都道府県にも大きな経済的恩恵を与えるでしょう。

 球団として莫大な利益が出れば、さらに戦力を補強することもできますし、ファンサービスの充実化にも金を使うことができます。

 さらに球団が本拠地としている都道府県、その地域の経済を活性化させることができ、市民にも活力を与えることができます。

 

 そのような恩恵を考えると、まだ成績を残していない選手に与える契約金は決して安くはないですが、その選手が活躍した時に得られるリターンを考えると、それなりの価値があるように思います。

 

 投資という言い方はあまり良くないですが、それでも地域を活性化させ人々を喜ばせることができるということを考えれば、契約金が高いのはまあ納得って感じですよね。

 

まとめ

 球団がまだ実績を上げていない選手に対してなぜ高額な契約金を与えるのかというと、

 退職金がない

 退職金がないうえに常に解雇される危機にさらされている

 将来的な投資になる

 ということが考えられます。

 

 以上です。