語学学習ブログ

主に語学学習について書きます。英語が中心になります。たまに雑記も書きます。

人間関係は執着しないほうがいい!人間関係に執着することによって生じる3つのデメリット

 人間関係……ってめっちゃ重要ですよね。

 人間関係が良好であるかどうかで自分の人生のQOLが決まると言っても過言ではありませんから。

 

 でも人間関係というのは、執着してしまうとあなたの人生にデメリットをもたらしてしまいます。

 人関係に執着するとは、人間関係を固定してしまうことです。

 ジモティの友達との関係を絶たない、会社の人間関係を大事にしすぎるなど。

 

 今日は人間関係に執着することのデメリットについて書いていきます。

 

 

 

人間関係に執着することによって生じるデメリット

1.地元から離れられなくなる

f:id:penser:20190321072252j:plain


 地元の友達との人間関係に執着してしまうと、そこから離れることができなくなります。

 あなたがド田舎に住んでいて、芸能関係やマスコミの仕事に就きたい!と思い、東京や大阪、札幌、仙台、福岡などに住もうと決意しても、「地元の友達とも別れたくないんだよなぁ…」と考えていたらずっとジモティどまりです。

 

 芸能関係やマスコミの仕事ってほぼ100%大都市でないとないですよね。

 あとは都市部の方が雇用が多いですし、情報も発達しています。

 

 で、大都市に住むよりも地元の友達との関係を優先し、行動に移さなかったら、自分が望んでいるチャンスを逃してしまうことになります。

 

 大学進学もそうですよね。

 進学したい大学が地元になければ、地元を離れなければいけません。

 それなのに、ジモティのマイルドヤンキーとの絆を大切にしたら、進学のチャンスもまた失うことになります。

 

 まあ進学や就職で地元の人間関係を気にする人はあまり多くはないかもしれませんが、それでも「現在の人間関係」を維持しようとしていたら、住む環境を変えることができず、目の前に横たわっているチャンスを逃してしまうことになります。

 

 地元の友達はたまに帰省した時に話せばいいのです。

 

2.会社を辞められなくなる

 会社の人間関係の話です。

 会社の同僚や上司などと仲良くしすぎると、会社を辞めずらくなってしまいます。

f:id:penser:20190328213756j:plain

 
 例えば会社があまりにもブラックすぎたり、起業やフリーランスで働くことを考えている人は会社を辞めなければいけないです。

 でも職場の人と仲良くなりすぎると、いざ会社を辞める時に変な感情が邪魔して(同僚のAと話せなくなるのは悲しい!みたいに)、辞める決断ができなくなる可能性が出てきます。

 

 (だからブラック企業は会社の雰囲気の「アットホーム」さや「社長との距離が近い!」ことをやたらにアピールして離職率を防ごうとするのですが…)

 

 会社の在り方は変化しています。

 今は転職が当たり前の時代で、むしろ同じ会社で同じ人間関係を維持するのが珍しい時代です。

 そのような状況下で会社の同僚などと仲良くなりすぎるのは、転職や独立のチャンスを逃してしまいます。

 

 同僚の人と100%ドライに付き合うのは、さすがに会社全体の人間関係に悪影響を及ぼしてしまいますが、良い感じに適度な感じに関わっていきましょう。

 

 繰り返しますが、仲良くなりすぎると、会社を辞めずらくなってしまいます。

 

3.自分のやりたいことができなくなる

f:id:penser:20190711213143p:plain


 1と2の総括的なことになりますが、人間関係を固定させると自分のやりたいことができなくなります。

 ジモティの人間関係を維持しようとしたら、そもそも住む環境を変えることができなくなります。

 会社の人間関係を維持しようとしたら、会社を辞める決断ができなくなり、独立をすることができなくなります。

 

 自分が関わっている人を大事にすることは確かに大切なことだと思いますが、だからと言ってそればかりにとらわれては自分のやりたいこと、目標としていることができなくなってしまいます。

 

 自分のやりたいことをしたい場合は柔軟に人間関係を変えていくべきです。

 人間関係を変えていくと、新しい情報が入って来たり自分の人生が新たな方向へと向かうなど様々なメリットがあります。 

www.whatithinkandfeel.net

 

 一方同じ人間関係を維持し続けると、自分の興味関心が変わり、普段関わっている人と「波長の違い」が生じ、なんだか居心地が悪くなってしまいます。

www.whatithinkandfeel.net

 

  と考えると、人間関係は進学や就職など人生のステージの変化ごとに変えていくほうが良いんですよね~。

 

 もし達成したい何かがあるのなら、人間関係の変化を恐れてはいけません。

 

本当に必要な人は残る

f:id:penser:20190331095730j:plain


 ここまで人間関係は変えていかないと、チャンスを逃してしまうというようなことを書いてきました。

 でも中には人間関係を変えていくことに抵抗を感じる人もいるでしょう。

 

 今まで出会った大事な人との関係を断つことができない!

 連絡先も持っているけど、それでも離れずに日常的に会いたい!そうでないと関係が自然消滅してしまうんじゃないか…

 

 みたいな不安を感じる人もいると思います。

 でも、不思議なのですが、人生で本当に必要な人との関係ってどこに住もうと、何年経過しようとも、絶たれることがないんですよね。

 んで、一時的に連絡や連絡先が途絶えても、時が来たらまた関係が戻るみたいな不思議な現象があるんですよね。

 

 なぜそうなのかは知りませんが、どこに住もうとも、大事な人との関係というのは最後まで残るんですよね。

 

 なので、人間関係の変化を恐れずに人生突き進んだほうがいいと思います。

 

まとめ

 人間関係に執着してしまうことで生じるデメリットは

 地元から離れられない(住んでいる場所を変えれられない)

 会社を辞めずらくなる

 自分のやりたいことができなくなる

 です。

 

 人間関係が変わることに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、

 本当に必要な人との関係は途切れることがありません。

 なので人間関係の変化を恐れずに人生生きていったほうがいいです。

 

 以上です。