語学学習ブログ

主に語学学習について書きます。英語が中心になります。たまに雑記も書きます。

いまだに文章を書くことの難しさを感じる。

f:id:penser:20200531085525p:plain


 文章を書くことは難しい。

 ある程度の量を書いても、それでも書くことの難しさに直面する。

 

 という状況に陥っております。

 私、あと少しで、ブログの記事数が500になるんですよ。

 

 (ほとんどクソ記事ですが。というか1000近く書いているいる人もいるので、私の記録など全然大したことないですが)

 

 だから、ある程度の文章量は書いているのですが、それでもコンスタントに2000~3000の文字数の記事を書くことはできないです。

 

 よく、「〇〇記事以上書いたら文章を書くのがラクになる」みたいな話あるじゃないですか。

 いや、全然書くことはラクにはならない笑

 最近なんて1000字をかろうじて超える記事しか書けていませんから!

 

 

 で、なぜ文章を書き続けても、文章を書くのが難しいのかを考えてみたら(自分の実力がその程度だから)、当たり前ですが、調子の良し悪しがかなり影響していると思いました。

 ブログに限らずですが、どんなことにも調子が良い時と悪い時があります。

 

 だから、ブログをある程度書き続けても、マジで書けない時は書けないし、逆に書ける時は、けっこう簡単に3000字到達したりします。

 

 で、この「調子の良し悪し」が具体的に一体なんなのかを考えてみたら、ブログネタのストック量が多いか少ないかだと思いました。

 ブログってネタのストック量によって書ける文字数、内容の質が変わってきます。

 ストックがなければ、必然的にゴミクズな記事になってしまいます。

 

 だから、ネタのストック量が必要です。

 「ネタのストック」というと、本やネットを調べればいくらでも出てくるだろう!と思いますが、これが厄介で、調べれば調べるほどにどんどんわけがわからなくなってくるんですよね

 

 なので、「ネタを探そう!→ネットor本を読む→どんどんわけがわからなくなってブログを書く気が失せる」みたいな悪循環に陥ってしまいます。

 で、今まさにこういう悪循環に陥ってしまっています 笑

 

 だからと言って考えないで勢いでブログ書いたら、それはそれでわけがわからない内容のものになってしまうので(今日のブログも書いててわけがわからなくなり気味)、やっぱブログって難しいんですよねぇ。

 

 文章を書く行為というのは、このように調子の良し悪しの波があるので、文章を書くことは嫌いだが、アフィリエイトやグーグルアドセンスで稼ぎたい!と思っている人はすぐに挫折してしまうような気がします。

 

 いつまで調子の悪い状態が続くかはわからないですが、まあとりあえずゆるふわな感じでブログを書いていきたいと思います。

 

 以上です。