語学学習ブログ

主に語学学習について書きます。英語が中心になります。たまに雑記も書きます。

会社員の年収1000万円は累進課税と可処分所得でみると、少ない額になる話。

 会社員で年収1000万円

 というのは、かなり多い額であると多くの人にとって憧れであり、目標になっていると思います。

 

 んで、年収1000万円稼いだら港区とか千代田区とか中央区のタワマンの上の階に住んで高級車乗り回して優雅な生活ができるに違いない!と多くの人は思うでしょう。

 そして会員制バーで飲みまくる生活に憧れる人もきっといるでしょう。

 

 でも、会社員の年収1000万円ってあたりまえですが、実際に1000万円まるまる手元に残るわけではないんですよね。ってたぶんわかっている方も多いと思います。

 

 

 でも、それがどれほど少なくなるのかをリアルに考えたことがある人は多くないのでは?

 

 

「年収1000万円」の正体

第一段階:累進課税

 「年収1000万円」と聞くと、預金口座にどっかり1000万円が入ってくるというイメージを持つ人がいます。

 口座の数字でなくても目の前に福沢諭吉が1000枚ある感じ↓

f:id:penser:20190316105316j:plain

 

 しかし、会社員として給料を稼ぐ以上、高い税金を課せられ(累進課税)、稼いだ額の何割かは持っていかれます。

 とりわけ日本の会社では給料を稼げば稼ぐほど、それに課せられる税金も一層高くなります。

 

 年収1000万円稼げたとして、そこから税金で差し引かれた場合を考えると、残りの額はだいたい700万円前後になると考えられます。

 

 話はここからなんですよね。

 

第二段階:可処分所得

 第一段階とか第二段階とか車の免許っぽいですね…。

 可処分所得とは、すべての必要な支出を差し引いた後に残る金額です。

 

 年収1000万円から税金で差し引かれた後の実際の収入700万円で考えていきましょう。

 まあ700万でもかなり多い額なんですけどねー。

 

 700万円を12か月で割ると、1か月だいたい58万円ぐらいになります。

 この58万円というのが1か月に使うことができる額です。

 

 この58万円から、仮に1か月の生活費を多めに見積もって20万円だと考えた場合(もっと出費が多い人がいるかもしれませんが)、58万から20万円を引いて38万円になります。

 

 この38万円が1か月の可処分所得です。

 こうやって見てみると結構余裕なくないですか?

 

 で、この38万円を1年間(12か月)にした場合、38万×12か月で456万円!

 

 それでも生活費を差っ引いて38万残るのは確かに多いですが、「年収1000万円」のイメージからするとかなり少ない印象を抱くと思います。

 

 年収1000万円の正体というのは、可処分所得456万円だったのです。

 このギャップを考えることができない人は年収1000万円稼ぐことができたとしても、貯金できなかったり、ひどい人は借金をしてしまうでしょう。

 

 では収入を増やすためにはどうすればいいのでしょうか。

 

収入を増やすために必要なこと

可処分所得を増やす

 いくら年収を1000万円稼げたとしても税金などで持っていかれるよーという話は既にしました。

 では累進課税がエグい日本でどのように収入を増やしていけばよいのか。

 

 と考えると、まずは先ほど述べた可処分所得(全ての必要な支出を差し引いた後に残る金額)を増やしていかなければいけません。

 可処分所得を増やすためには、ムダな出費を減らしていく必要があります。

 ムダに飲み会は行っていないか、スマホのゲームでムダに課金してないか、必要もないサブスクリプションに登録していないか、都心で車がなくても生活できるのに、車を持っていないか、見栄でタワマンに住んでいないかなど考えられるムダをなくしていくことが必要です。

 

 例えば月の出費が20万なら5,6万減らすことができれば、可処分所得はそれだけ多くなります。

 自分の手元の残る金の額を多くしていきましょう。

 

純資産を増やす

 純資産とは総資産から負債を差し引いた額のことを言います。

 つまり「自分だけの資産」です。

 純資産は貯金だけでなく、株式、不動産、保険、投資信託なども含みます。

 

 似たようなものに総資産がありますが、これは純資産に加えて負債、つまり返済義務のある他人の資産が含まれています。

 負債があれば返済しなければいけません。なので最悪破綻するリスクがあります。

 したがって、この負債をなくし、純資産を増やさなければならないのです。

 

 純資産の、例えば株で優良の株を持っていれば配当が続いたりしますし、不動産で家賃収入を得ているのなら、そこに住む人がいる限り、金が尽きることはありません。

 

 年収ベースで考えると、働き続けなければ収入を得ることはできませんし、仮に多くを稼いでも税金でかっさられてしまいます。

 対して、純資産を多く持っている人はそのようなダメージを最小限にすることができます。それに収入が尽きても金は減らないですし。

 

 そういうわけで、年収を上げるということも確かに大事なのですが、それに加えて可処分所得、純資産を増やしていくと、人生金に困ることはなくなるでしょう。

 

参考にした本

『お金の真理』

 今回の記事を書くにあたって参考にした本は与沢翼の『お金の真理』です。

 

 以前に本の内容と感想について書いた記事があるのでそちらも参考にしていただいたら金についての理解が一層深まると思います。

www.whatithinkandfeel.net

 

 この本を読むことで(実際に行動しなければ意味がないが)、お金に対する向き合い方やマネーリテラシーがかなりつくと思います。

 決して難しい内容ではなく、わかりやすく、お金を増やしていくためにはどうすればよいのかが書かれています。

 

 非常に良書だと思います。

 

 以上です!