What I'm thinking and feeling

読書や雑記など。

論理性を重視するほど、かえって感情的になるという話

「黒板に書かれたコード」の写真

 論理性を重んじるとか論理的思考ができるというと、感情に支配されず冷静に判断を下せるという印象を抱きますよね

 確かに論理的にモノを考えるには感情論が入ってはいけないし、どんなことにも冷静でいなければならない。

 そう考えると、論理性を重んじる人間が感情的になるだなんてありえない!と思う人が圧倒的多数だと思います。

 

 今日本は論理的思考がブームです。

 本屋に行ったら、けっこう分厚いロジカルシンキングの本が店頭においてありますし、ネットを見れば「プログラミングで論理的思考ができる!プログラミングで論理的思考を身につけよう!」「プログラミングでフリーランスになり年収1千万円を目指そう!」みたいな内容のものがくさるほど見受けられます。

 

 もう本当に鬱陶しいぐらいの論理的思考ブーム。

 

 これだけ論理的思考が日本に流布していれば、さぞ日本人は冷静で感情的に支配されない世界でも類をみない優秀な民族になったのだろう、、、と誰もが思うはずです

 

 実際はどうでしょうか。

 今日本人はかつてないほどに怒りに支配され、論理性なんてそんなの全く関係なしに暴力的な発言をする人がたくさんいます。

 特にネットでは。

 

 今はコロナによる自粛期間が続いていますが、自粛ポリスという自分にとって都合の良い正義を振りかざす人間が多数出現していますし、

 かと思えば、私のように「自粛ポリスとかどんだけコロナ脳に感染してんだよ!(怒)」とか「専門家が新しい生活様式を提言とか、この専門家たちマジでバカかよ!飯食う時はみんな横並びでメシを食えとか、人と関わる時は2m空けろとか、なんでこんなバカげたことを平然と考えるんだよ!永久にStay Homeしろや!ボケ!」(キレすぎ!!???)

 というふうに感情に支配されている人が多いです。

www.whatithinkandfeel.net

 

 論理的に思考することが当たり前になっている時代なのに、どうしてそれとは逆行するように、感情的になる人が増えているのでしょうか?

 それは、論理的思考が暴走している結果なのではないか!?と私は思いました。

 以前にも論理的思考の暴走は危険的な記事は書いたのですが、
www.whatithinkandfeel.net

  今回は上記の記事とは違うアプローチで書きます。

 当たり前ですが笑

 

 論理的にモノを考えるとは、上記の記事でも書きましたが、非効率で不合理なことを省き、できるだけ遠回りせずにゴールに到達しようとする思考のことです

 (自分の勝手な定義ですが…)

 特に現在は、スマホの普及によりますます論理性が重視される傾向にあります。

 スマホと論理性、一見すると関連がないように思いますが、ムダを省いて最短距離でゴールを目指すということについては共通しています。

 例えばスマホでグーグルマップを開ければ(その人がよほど方向音痴でもない限り)、迷うことなく目的地につきますし、ホテルの予約だって極力損をしない料金プランを探すことだってできます。

f:id:penser:20190624214221p:plain


 論理的思考とスマホの使用、そこにはプロセスがあるかないかという違いはありますが(論理的思考はプロセスを考える。スマホはそれがいらない)、ムダを省いてゴールに到達しようとする点は共通しています。

 

 で、このムダを省いて最短距離でゴールに向かうことになれているがゆえ、かえって感情的になっているのだと思います。

 つまり論理性に慣れてしまっている、ということです。

 繰り返し言いますが。

 

 世の中は、たいてい不合理で不確実なことだらけです

 今回のコロナによる緊急事態宣言もそうですが、世の中はいつどう変化するかなんてわかりません。

 (大半はマスコミがどんちゃん騒ぎを起こしたことと、意味不明な専門家の意見が原因。←キレ気味!?)

 人間の思考や行動様式だって極めて不合理であるし、自分の思った通りに動いている人間なんて一人としていません。

 (官僚たちは自分たちの思うように国民を動かしているかもですが)

 

 他にも不合理で不確実なことの例はたくさんありますが、結局のところこの世界は不確実なことだらけです。

 これがこの世界の真理(!?)なのではないかと思います。

 

 それなのに、論理的思考に絶対的な信仰を抱きすぎているがゆえ、少しでも不合理なことが起きたり、自分の思うように物事が進まない場合、めちゃくちゃイラついてしまうんですよね。

 んで、このイラつきをさらに加速させるべく、マスコミも人の怒りを買うような記事を大量生産しまくっているので、それでみんなブレーキが利かないぐらいに怒り狂っているわけです。

 

 結果として私みたいに、「ホリエモンのツイート内容をそのまんま記事にしたり、コロナで恐怖を煽る記事書いてるマスコミとかマジでロックダウンしたほうがいいんじゃね!?」みたいに怒り狂う人間が大量に出てくるのです。

 

 そう考えると、今の世の中(というか日本)は怒りのスイッチが簡単に入ってしまう

ようになっているんですよね。

 論理的思考の暴走×怒りの感情を引き起こす出来事

 のように。

 

 そうならないためにも、世の中は不合理で満ち溢れていること、論理的思考というものは度が過ぎると自分でもブレーキが利かないくらいに暴走してしまうことを自覚しておく必要があると思います。

 

 だからと言って論理的思考をするな!とかスマホを使うな!というのはドダイ無理なので、論理性とは対極的な宗教などを学んでおくと、自己を律することができるのではないかと思います。

 

 以上