語学学習ブログ

主に語学学習について書きます。英語が中心になります。たまに雑記も書きます。

内定辞退の連絡はメール一本で十分!【内定辞退セットなんていらない】

f:id:penser:20191208115648p:plain

 今の就活はどうやら内定辞退セットとかいうハッピーセット(!?)的なヤツがあるらしいです。

 で、相変わらず日本の就活戦線はオワコンだなと思わずにはいられないので今日は内定辞退セットについて書いていきたいと思います。

 

 

内定辞退セットとは?

 そもそも内定辞退セットとは何なのか!?という方もいると思うので、その説明をすると、

 法令や資格関係の書籍を扱う日本法令から発売されている

 内定辞退の例文が書かれた下敷きに便箋を重ねてなぞるだけで、内定辞退の手紙が完成する

 

www.horei.co.jp

 …

 …

 …

 

 て、、手紙だと、、、!?

 令和にもなってなぜまだ昭和の名残が残っているんだ、、!?

 

 てか、アホか!!

 下書きなぞって完成するだなんて小学生でもできるわ!!

 

 なんで大学生がこんな小学生みたいなことやっているんだ!?

 

 というヤツらしいです。内定辞退セットは。

 次に内定辞退の連絡をするのに、内定辞退セットなんていらないぜ!メール一本で十分だぜ!という理由を書いていきます。

 

内定辞退の連絡はメール一本で十分な理由

会社にとってもメールの連絡の方がラク

 わざわざ内定辞退セットなるものを買ってきて紙に丁寧に文章を書いて企業に送付する必要なんてありません。

 内定の意志に関する連絡はメール一本で十分です。

 (あまりにも簡素すぎて一行だけとかはさすがに失礼ですが)

 

 おそらく就活生の中には

 「丁寧に会社に、内定辞退の連絡をしないと社会人として失格だ…」

 とか

 「会社に失礼だ…」

 と不安になる人もいらっしゃるでしょう。

 

 (というかまだ会社に所属してないので社会人じゃないんですけどね)

 

 でも、繰り返しますが、内定辞退の連絡は本当にメール一本で十分なんですよね。

 なぜか。

 それは会社にとってもメールで、内定辞退についての連絡をしてくれたほうがラクだからです。

 メールで連絡をするのって無駄な手間がかからないじゃないですか。

 文章書いて、すぐにGmail(が圧倒的に多いと思います)で送信すれば、会社に情報が行きます。

 

 迅速に情報が届くので会社もすぐに、次の行動に移すことができます。

 つまり、今後も新卒を募集するか、それともこれぐらい人数が集まったので、これ以上募集をかけるのはやめるかの判断をすることができます。

 

 したがって情報がすぐに会社に届くという点から、メール一本でとっとと内定辞退の連絡をいれたほうがいいんですよね。

 

手紙だとクソ手間がかかる

 一方、内定辞退セット(つまり手紙)で、会社側に連絡をしたらどうでしょう?

 現代人なら絶対にわかるはずですが、手紙で連絡するのって、クソみたいに手間がかかります。

 紙を買って、ボールペンで文章を書いて、間違ったら、一からやり直し、みたいな工程を踏まなければなりませんから。

 

 会社側が知りたいのは、面談した相手が入社をするのか否かだけです

 それなのに、わざわざご丁寧に封筒に手紙を入れて、その手紙もクソみたいに長文で連絡するって会社側にとってはとんでもなく迷惑です

 

 会社の人事担当者もヒマじゃないんですよ。

 採用活動以外にもやることはたくさんあります。

 それなのに、手紙とかいう読んだらゴミになるものを送りつけられて、その上クソ長い長文を持ってして、内定辞退の連絡をされるって、超絶時間の無駄です。

 

 文面を受け取る側からしてみると、迷惑極りない行為です。

 

 それなのに、

 「手紙で丁寧に連絡しなければ失礼だ……」

 とか思うのはマジでおかしなことなんですよね。

 

 そもそも「手紙で丁寧に書かなければ失礼or誠意が伝わらない」とか全く意味不明すぎます。

 繰り返しますが、手紙なんて(忘れられないラブレターなどは除いて)、読んだらゴミになります。

 ましてや、内定辞退なんていう事務的な連絡に関するものならなおさらゴミになります。

 それでご丁寧に長文で内定辞退の連絡をするって、これ、相手の時間を奪っているに等しいですよ。

 

 「手紙じゃなきゃ失礼」というのは、まったくのウソであり、正しくは「手紙だと失礼」なんですよね。

 

 しかもこれは時代の流れにも逆行しています。

 今は2020年です。

 世界的な規模で科学技術が急速に進歩している。

 

 ゆえに、科学技術の進歩に逆行するような行為をすると、一瞬でグローバルな社会から遅れをとってしまう。

 

 手紙で情報を伝えるという行為は、科学技術の進歩という観点から考えて、適切と言えるでしょうか?

 今はどこもパソコンで情報を伝えるのは当たり前の時代です。

 適切じゃないですよね。

 明らかに科学技術の進歩に逆行しています。

 

 なので、手紙で情報を伝えるというのは、世界基準で既にオワコンな行為であり、そんなことやっていてはいけないのです。

 

 でも、もし、「手紙じゃなきゃ失礼だ!」と言われたら、そんな会社や老害はほったらかしましょう。

 というかそういうことをほざく人間が日本に一定数いるせいで、労働環境は一向によくならずに、日本のオワコン化はとどまることを知らないんですよね。

 

筆者が内定辞退をメールでした時の話

 私は過去に転職を何度かして、内定を数社もらったことがあります。

 内定辞退の連絡は全てメールでしましたが、別に何か言われるということはありませんでした。

 断りの連絡をメールでしたら、「ご連絡いただきありがとうございます。次の職場でもがんばってください!(^^)!」

 的な好意的な返信が返ってきましたね。

 

 まあ文章はもちろん各会社によって違うんですけど、

 

 「はあ!?内定辞退だあ!?

 テメエ、そういう連絡は手紙でするもんだろ(激おこ)!!!!」

 

f:id:penser:20181225094847j:plain

 

 みたいなことを言われたことは一度もないですね。

 

 というか、手紙とか電話に固執するクソみたいな会社は、結果として時代に取り残されることになるので、「手紙じゃなきゃダメだ!メールなんてケシカラン!」みたいな発言はドスル―しても全く問題ないと思います。

 

最後に…

 そもそもですが、サクッと内定辞退ができないような会社なんて最初から受けるな!って話です。

 それに内定辞退の連絡というあまりにもクダランことすら、自分の頭で考えられないような人間は、今後来るであろう実力社会において秒速で淘汰されると思います。

 

 以上