文学部卒読書系ブロガーの本と思想のアウトプット録

当ブログは読書で得た知識のアウトプット系の内容となっております。読書のアウトプットが間に合わなければ雑記で食いつなぎます。

【読書】『「東の大富豪」の教え ユダヤを超える「成功の本質」』|日本人が知らない人生の成功法則

 成功法則とかなんだか俗物的な感じでアレなのですよね…。

 本のタイトルはなんだか俗物的な感じなんですが、読んでみると、参考になる部分が多かったので今回ブログネタにしました。

 

 『「東の大富豪」の教え ユダヤを超える「成功の本質」

 

 「東の大富豪」とは華僑のことで、華僑とは外国に移住している中国人のことです

 この華僑というのが、よくユダヤ人と比較されることが多いんですよね。

 どういう点で比較されるのかというと、早い話、カネです。

 

 ユダヤ人がガッポリと金を稼いでいるのはみなさんわかると思いますが、この華僑という人々もユダヤ人に負けず劣らず金を稼いでいます(もちろん全ての華僑ではないですが)。

 

 と言っても本著では金の稼ぎ方!とかそういうものではなく、人生をより良い方向に向かわせるためにはどうすればいいのか!?ということが書かれています。

 

 ということで本題。

 

 

華僑が実践する人生の成功法則

意味のある偶然の一致

f:id:penser:20190711213143p:plain

 華僑が実践している成功法則、それは意味のある偶然の一致です。

 意味のある偶然の一致とは、自分が今取り組んでいることが、自分にとって都合の良いように進んで行くことです

 

 仕事でも勉強でもスポーツでも、それらに取り組むことが自分にとって正しい道ならば、人生はより良い方向に進んで行きます。

 これは自分がやっていることが正しいからこそ、良い方向に進むんですよね。

 

 この意味のある偶然の一致が実現している時は、自分が取り組んでいることで一種のフロー状態が起きます。

 つまり、周囲の状況を忘れるほどに物事に没頭し、集中する状態になります。

 

 好きなことをやっている時ってめちゃくちゃ集中できるじゃないですか。

 あの状態。

 

 このフロー状態が実現し、自分にとって都合の良いように物事が進んでいくことを意味のある偶然の一致と言います。

 

 逆に言えば、自分の進むべき方向が間違っているのなら、立て続きに不幸が起きまくります。

 不幸が連鎖するので、心持ちもムシャクシャしまくります。結果として、負のスパイラルから抜け出せなくなってしまいます。

 

日本人が実践する間違った努力

f:id:penser:20191103105626j:plain

 日本人は努力それ自体に価値を見出す傾向があります

 その努力が正しいか間違っているかに関係なく、つらさと忍耐を感じれば感じるほど(マゾ!?)、それが「正しい努力」だと信じてしまいます。

 

 だから、満員電車の通勤とか意味のない残業を積極的に実践し、上司・会社に忖度をし、出世街道をまっしぐらに突っ走ります。

 

 確かに成功するためにはある程度の努力と忍耐力を要しますが、それら自体が重要なのではなく、「意味のある偶然の一致」を実現させるための正しい努力を実践することが重要なのです

 

意味のある偶然の一致を起こしやすくする方法

 人生の成功において、意味のある偶然の一致(つまり自分のやっていることが都合のいいように良い方向に行く)を起こすことが重要である点は既に述べました。

 ではどうすれば意味のある偶然の一致を起こすことができるのでしょうか。

 そのためには、直観力を養う・リスクを取る・人生流れに身を委ねることが必要です。

 最初に直観力を養うことから述べていきます。

 

直観力を養う

日常で起こる「意味のある偶然の一致」は、あならの「洞察力」や「直感」が、ある程度、高まっているときに発生しやすくなります。

反対に、この洞察力や直感を極限まで高めて安定させることができると、この「意味のある偶然の一致」を頻発させることができるようになります。『「東の大富豪」の教え ユダヤを超える「成功の本質」」p.147より引用

 

 現代人はあまりにも頭でモノを考えすぎているため、直観というものを軽視しがちです。

 論理的に考え、正しい努力を実践すれば、全ての物事はうまくいくと思っていいる。

 が、それが良くないのです。ということを過去記事に書きました↓

www.whatithinkandfeel.net

 

www.whatithinkandfeel.net

 

www.whatithinkandfeel.net

 

 なので、思考力というのは案外アテにならず、必ずしも自分の人生を良い方向へと向かわせてくれるわけではありません。

 (と言っても考えることがとても大事ですが)

 

 意味のある偶然の一致を起こすためには頭でモノを考えるだけでなく、直観という自分の感性を大事にする行為が必要なんですよね。直観力を高める方法も過去に書きましたので↓を参照していただければ。(なんか過去記事ベタベタ貼りまくってアレですが…)

www.whatithinkandfeel.net

 

 まあ直観力を養うと言っても、大それたことではなく、自分の心に素直になって生きれば、勝手に磨かれていくと思いますけどね~。

 

リスクを取る

 リスクを取るというのはイコール行動力と言い換えてもいいでしょう。

 自分の望むもの・望むことを実現させるため、そして意味のある偶然の一致を起こすためにはリスクを取って行動しなければなりません。

 何かを得るためには何かを捨てなければならない 

 

 大ブルジョワになりたいのに、会社員・公務員というのは矛盾してますよね!?

 資本主義の構造上、労働者が巨万の富を築くことはできません。

 というのもしつこいですが過去記事に書きましたので参照していただければ…↓

www.whatithinkandfeel.net

 

 と言ってもリスクを取って行動するというのは、何も計画性を持たずただ無謀に突っ走ることではありません。

 リスクを取って行動するというのは、直観に耳を傾け行動することです。

 

 「オレは人生成功するためにリスクを取って会社を辞めるんだ!!うぉぉぉぉぉぉ!!!!

f:id:penser:20190913181517j:plain

 

 とほざいていると、マジで人生詰みます。

 

 自分が「コレだ!」と思ったことには迷わず飛び込むことが需要です。

 

流れに身を委ねる

 人生時には流れに身を任せることが大事です。

 自らの努力のみで人生強行突破しようとすると、どこかで壁にぶち当たります。

 

 そもそも努力だけで人生を切り開こうとすること自体が間違っていると思います。

 人生の成功で努力は大事ですが、それでも人間の力ではコントロールすることができないことだって世の中には多々あります。

 

 なので、時には人生流れに身を任せましょう。

 

まとめ

  人生の成功において重要なのは意味のある偶然の一致を起こすことです。

 意味のある偶然の一致とは、自分の取り組んでいることが都合のいいように物事が進んで行くことです。

 

 意味のある偶然の一致を起こすためには、

 直観力を養う 

 リスクを取る

 流れに身を委ねる

 ことが重要です。

 

 以上。