文学部卒読書系ブロガーの本と思想のアウトプット録

当ブログは読書で得た知識のアウトプット系の内容となっております。読書のアウトプットが間に合わなければ雑記で食いつなぎます。

手っ取り早く、ラクに大金を稼いでいる人がいる。

 タイトルだけ見たら、「なんだ、金を持っている人間に対する僻みかよww」という印象を抱いてしまいますよね…。

 

 ツイッターを見ていたら、とんでもなく金を稼いでいる人がいます。

 いや、別にTwitterじゃなくても稼いでいる人はたくさんいますが…。

 フリーランスとか経営者の方とか。

 

 でも私、すごく不思議に感じていたことがあったんですよ。

 なんで自分の収入をマウンティングしたり、

 

 「会社員や公務員はマジでヤバい。安定にすがっているヤツはこれから取り残される」

 「自分で稼げないヤツはバカ」

 「ノースキルだろうが、とっとと独立したほうがいい」

f:id:penser:20190602091924j:plain

 

 みたいに積極的に人を貶めようとしている人間が大金を稼いでいるのか、ずっと不思議だったんですよ。

 

 人を貶めて大金を稼ぐ…

 このような事実からあることがわかりました。

 

 意識高い系マウンティングクソ野郎ウォッチャーの簡潔な報告です。

 

 

手っ取り早く、ラクに大金を稼ぐ方法

 SNSでマウンティングをしまくり、不用意に不安を煽る人間の多くは、情報弱者を搾取するビジネスをやっています。

 

 なぜ情報弱者を搾取するビジネスをやることによって、手っ取り早くラクに大金を得ることができるのか。

 そりゃ情報弱者がカモになりやすいからですよ。

 

 情報弱者(以下情弱)の特徴として(情弱をdisっているわけではありません)、

 自分の頭でモノを考えない

 論理よりも感情に身を任せて生きている

 読解力が低い

 ラクに金を稼ぎたいと強く思っている

 などが挙げられます。

 

 で、あるならば、Twitterなどで「こういうふうにしたらラクに稼げますよ!」と煽りまくり、「稼ぐための情報商材」を高値で売りつけたりすれば、一気に金が入ります。

 

 でも、こういう手法で金を稼いでいる人がいるってことは、みなさんわかっているとおもうんですよ。

 わかっていると思うんですが、それにしても引っかかる人が多い。

 引っかかる人が多いということは、露骨にそういうビジネスをやっている人がいるということです。

 

 まあ確かに、商品を売るということは違法なことではないし、立派な経済活動だと思います。

 が、それが消費者の不幸につながっているんですよねぇ

 

 拝金マウンティングクソ野郎どもが

 「会社なんて辞めろ!」

 「大学なんて進学しても金のムダ!ノースキルでもいいから起業しろ!」

 とか煽るせいで、情報弱者はそれを真に受け止め本当に行動に出てしまう。

 

 勢いで会社辞めたり、大学に進学しなかったり(中退したり)したら露頭に迷うに決まっているじゃないですか。

 

 でも、マウンティングクソ野郎どもは「それが自己責任だ!」と責任逃れをする。

 

情報弱者を信頼させる方法

 意識高い系マウンティングクソ野郎が高額な商品を売ると言っても、「信頼」がなければ買ってもらえません。

 ではどういう手段を使って情報弱者を信頼させるのか。

 

 既に述べましたが、意識高い系マウンティングクソ野郎はマウンティング、人々の不安を煽ることを積極的に発言します。

 主にTwitterで。

 

 なんでみんな行動しないの!?

 行動しないとかバカ!?

 独立したければノースキルでも会社を辞めろ!

 独立してアフィリエイト(orグーグルアドセンス)をやれ!

 とにかく行動することが大事だ!結果は後からついてくる!

 大学に進学したって意味がない!

 とっとと起業しろ!

 会社員よりもネットで稼ぐほうがラクだ!オレは会社を辞めネットビジネスをやっているが、何もしなくても月に〇〇百万は入っている!

 上司にこき使われる人生を送るなら、会社なんか辞めろ!

 

 意識高い系マウンティングクソ野郎は上記のようなツイートを積極的にします。

 

 情弱は自分でモノを考えない、感情に流されやすいのでこの種の発言にかなり影響されます。

 そういうツイートを積み重ねていけば、徐々の情弱の「信頼」を勝ち取ることができます。

 そうして信者を増やし、高額な情報商材を売りつければ、、、もう述べた通りです。

 

 (まあ上記の発言(大学はムダとか起業したほうがいい)をホリエモンが言ったならまだわかりますが…)

 

 でも、ごく冷静に考えたら、意識高い系マウンティングクソ野郎の発言がおかしいことは普通にわかります。

 

 もし、「ノースキル」で「会社を辞め」、アフィリエイトアドセンスをやったらどうなりますか?

 もう露頭に迷うだけです。

 

 私もアドセンスアフィリエイトってめっちゃ難しいです。

 まともな収益にはなりません。

 

 アフィリエイトアドセンスで収益を出せる人って(短期的か長期的かはともかく)、もともと本職がWEB関係の人か文章を書くことを仕事にしているはずです。

 彼らは既にビジネスにおけるライティングスキルの土台が固まっている。

 

 そういう人たちがSEOなどの勉強をすれば、かなり結果が出せると思います。

 でも、そういうWEBライティングガチ勢の人でも、Twitterを見ている限り数万~数十万ぐらいです。

 文章すら書くスキルがない素人がやれば、結果を出すまでにとんでもなく時間がかかります。

 

 それだったら、たとえ独立したいとしても、会社で収入を得ながらスキルを磨いてのほうが判断としては賢明じゃないですか?

 

 マウンティングクソ野郎どもは「成功するためにはリスクを取ることが必要!行動は今しなければいけない!ノースキルでもまずは行動しろ!」と言いますが、リスクを取ることと、無謀な賭けに出ることは根本的に違います。

 

 リスクを取るというのは、自分の中で勝算があり、その計画を実行するために行動することです。

 無謀な賭けに出ることは勝算もなく、ただ行動することです。

 

 確かに行動することは大事だと思いますが、あまりにも何も考えずに行動してしまうと、それこそ人生終わります。

 

 意識高い系マウンティングクソ野郎どもは、信者を増やし、自己の利益を高めるために、情弱を煽り、「行動」させて、彼らを不幸にさせて、自己の利益を最大限に高めます。

 

 これがTwitterで行われている金のモウジャとなった日本人の現在ですかね。

 

最後に

 最後に参考になったサイトを載せておきます。↓

mecchanikukyu.hatenablog.com

 

 肉級さんという人のブログなのですが、えげつないぐらいにTwitter界隈の状況をまとめています。

 というか私のブログ見るより上記のブログを見た方が、「搾取ビジネス」の現状がわかります。

 

 金の稼ぎ方が多様化したとはいえ、その一方で昔よりも情報弱者が露骨に搾取される世の中になっています。

 

 私たちも引っかからないように勉強しなきゃですね。

 

 以上