日々の思い

当ブログは雑記ブログとなっております。主に社会問題・本やネットなどで得た知識・私個人の人生経験談などを書いていきます。

ワイ、ツイッターと相性が合わない

f:id:penser:20190624214221p:plain


 ツイッターをやっている人は多いと思います。このブログを見ているあなたもきっとツイッターをやっているでしょう。

 私もやっています。だからツイッターネタを書こうと思ったのですが…。

 私、ツイッターと相性が悪いっぽいです。

 今日はそんなことを書いていきます。

 

目次

 

 

ワイとツイッターの相性が悪いと思われる理由

文字数の制約

 1つ目は文字数の制約の問題ですかね~。

 ツイッターって文字数の制限があるじゃないですか。確か最大140字でしたっけ?

 その文字数の中で「自分の思っていることを表現しろ!」って言われても、私にはなかなか難しいです。「こんな少ない文字数で表現できんのか!?」と思わずにはいられないです。

 でもできる人はできるんですよね。広告のキャッチコピーはもっと文字数短いですし。

 いやー難しいっすね。私はブログのように、文字数制限なしでイチから自分で、ありのーままにー書いてくださいというスタイルの方が好きなんですよね。

 なんかブログの方が創造的な感じがします。

 あと、140字(でしたっけ?)で文章を書くことを習慣にしていたらブログ書くの苦痛になります。

 ブログって大体少なくても1000字くらいは書くじゃないですか(もっとコンパクトに書いている人もいると思いますが、それでもツイッターより文字数は多いはず)。

 その時点で10倍近くの文字量の差ですよ!?

 なんか短い文章書いたり、長い文章書いたりしてるとペース乱れちゃいます。

 そういうわけで文字数の制約があるのは、私にとっては結構キツイです。

 それがツイッターと相性が合わない理由の1つめの理由です。

 

ネガティブな情報が多い

 んまあツイッターに限ったことではないんですけどね。

 それでもツイッターってマジでネガティブな情報、ネガティブなツイートが多いんです。

 ツイッターやっている人はダイレクトにこのことがわかるのではないでしょうか。 

 意識して悪い情報は遮断すればいいんですが、それでも悪い情報が目についてしまう。

 それで影響を受けて自分もネガティブなことをたまにツイートしてしまう。

 もう負の連鎖です。

 最近はあれじゃないですか。ホリエモン年金問題のツイートにラサール石井が噛みついたみたいなやつあったじゃないですか。

 なんか本当に些細なことが大ごとになり、それが人々の気分を害しているような気がするんですよね。

 というか結構炎上という名の喧嘩みたいなもの多くないですか?ツイッターって。

 私は博愛主義者なので(ウッソぴょん)、悲しい気持ちになってしまいます(涙涙涙)。

 んまあ博愛主義者ではないですが、意識低い系おとなしめ系男子なので、見ていてあまり良い気にはなりまっしぇぇぇん。

 ツイッターって考えを表明するという面がある一方で、争いを生みだしているようにも思えます。

 「異なる考えの人を受け入れましょう」とはタテマエでは言われているが、いかに異なる考えを拒絶する人間が多いかがツイッターを見ればわかります。

 戦争とかもSNSというほんと些細なものが原因で起こるんじゃないですかね。

 とにもかくにも、ネガティブな情報が多いツイッターはあまり好きになれませんねぇ。

 

有益な情報がほとんどない

 マジそれな。

 ほんと、有益な情報があんまりないんですよ。既に述べたネガティブな情報は圧倒的に多いのに。

 なんと言ったらよいか……う~ん……なんかフワフワした情報が多いんですよ。

 ごく冷静に考えて見れば、有益でもなければすごくもないツイートなのに、それが大それたことのように表現されてあるんですよ。

 なんかこういう系の人たちのツイートが多いような↓

 

www.whatithinkandfeel.net

 

 詳しくは上記の記事の「挫折しないで成功したクソ野郎の放つ言葉が軽々しく薄っぺらい」という項目を見ていただけたら。

 そうなんですよ!!言葉がペラッペラな内容のものが多いんですよ!

 それでみんな「いいね!」するから皮肉にも軽々しさが「増している」んですが

 熱意がこもっているんだけど、なぜかうすっぺらい。そういう系の情報(ツイート)が多いんですよねぇ。

 意識低い系低空飛行系アナーキー系男子の私にとってはそういう情報に触れるのはムリゲーでぇぇぇぇぇぇぇす。

 

ツイッターは人によって合う合わないがある

f:id:penser:20190512093240j:plain


 そういうわけで、ツイッターって人によって合う合わないがあるように思えます。

 ツイッターとの相性が良い人はどんどんツイートしまくり、結構早い段階でフォロワーが1000人とかいくんじゃないですかね。

 もうとどまることを知らず、増えていくと思います。

 一方私のようにイマイチツイッターと相性が合わない人もいます。

 なんかツイッター界隈特有のノリについていけないというか…。

 まあ相性が合わなければブログをやりゃあいいんです。

 そういうわけでひとえにツイッターが素晴らしいと礼賛することはできないですね。

 

まとめ

 ワイとツイッターの相性が合わない理由

 文字数制限の問題

 ネガティブな情報が多い

 さして有益な情報がない

 

ツイッターは人によって合う合わないがあるのでノリについていけなかったらブログやろうぜ!

 

 

 以上