日々の想いを思いのままに

ブログで書く内容は雑記が中心です。

ブログを書く時間は確保できるが、継続するのはしんどい

 みんなブログを書く時間は確保できていると思う。よほどの社畜でもなければ。

 

 どんなに疲れていても、普通の生活を送っているのなら、どこかでブログを書く時間ができる。

 

 だけれども、毎日継続しようと思うと、けっこうきつい

 

 話のネタがあるかないかという以前に、毎日書いていると、「毎日書かなければならない」というようなおかしな脅迫観念に支配されてしまうのだ。

 

 ブログを書く目的は確かに収益的な側面もあるが、でも、根本的には文章を書くことが好きだからである。

 

 でも、その「好き」がなぜか「毎日継続する」というプレッシャーへと変わってしまっている

 

 本来疲れたら、少し休めばいい話である。でも休むことができない。

 

 好きなことが、「継続しなければならない」というプレッシャーになり、好きであるはずなのに、同時に圧迫感も生じている。

 

 少し休みというごく普通の判断が最適でないように感じてしまう。

 

 

 こういう状態が良いか悪いか、というのは人によって意見が異なるだろう。

 

 「好きなのにプレッシャーになるのは良くない」という人もいれば、「そのプレッシャーがブログを書く原動力になっている!!」という人もいるだろう。

 

 私はというと………う~ん、難しいところだ。

 

 趣味で始めたことがプレッシャーになるのはまあ予想外ではあったが、でもある意味「毎日継続しなければならない」というプレッシャーもあるおかげで、サボらずにブログを書くことができる

 

 そういう習慣を続けていると、わかることがある。それはいつかのブログでも書いたかもしれないが、習慣化すると、モチベーションに左右されなくなるということだ。

 

 「今日はやる気がないからやーらない!」というようなことがなくなってくる。

 

 社会人になって、こういう経験をすることには大きな意義があると思う。

 

 学生であれば、受験などで勉強する習慣がつくが、社会人になると、どうしても日々の単調さに流されてしまう。

 

 そういう単調さに流されると、人生に大きな変化がなく定年を迎えてしまう。

 

 これって考えてみたらかなり怖い。今までの人生はなんだったんだってならないか。

 

 私はそんなふうになりたくないので、何か物事を習慣化させ、惰性に流されないように生きていきたい。

 

 ブログはその一環である。

 

 今後はどこかのタイミングで休むことがあるだろう。でも書くのを止めることはしない。

 

 休みつつも継続できるようにしていきたい。

 

 

 そのために多少(もしくはそれ以上かも)ブログのクオリティが落ちてもできる限り継続していく。

 

 確かにアクセスやSEOなどを考えればそれは非効率かもしれない。

 

 でも続けることに何か意味があると思う。

 

 こんなふうに脈絡ないブログも今後けっこう書くと思います。