日々の想いを思いのままに

ブログで書く内容は勉強をして身につけた知識や自分の日々思ったことです。基本的には雑記が中心となります。

ブログの最適な文字数は?

 最初に言っておくが、ブログの文字数と言っても、あくまで普通にブログを書く場合の話である。

 

 アドセンスとかアフィリエイトとかは関係ない。というかこんなしょぼい私がアドセンスとかアフィリエイトを書く場合の文字数なんて述べたところで何の説得力もない。

 

 ということであくまでふっつーにブログを書く場合。

 

 ブログの文字数について悩む人は多い。ネットなどを見れば文字数が多いほどアクセスを集めやすくなるとか、文字数で勝負するのは都市伝説、というような様々な意見がある。

 

 今日は文字数、まとめに関する記述を書く。

 

目次

 

 

 

 

 

 

文字数

理想的な文字数

 今日のブロブネタのテーマの結論から言おう。理想的なブログの文字数は確実に自分がブログを継続することができる文字数だと私は考える。

 

 3000字とか5000字とか確かにそれぐらい書けるに越したことはない。が、それをコンスタントに続けることにストレスを感じ、途中で挫折するのはなかなか辛いことだろう。

 

 私もブログを始めたときは「たくさん書かなければ」と意気込んでいたが、結局たくさん書くことにストレスを感じ、今では文字数を意識することはあまりなくなった。

 

 文字数を気にしないで書いているのでストレスはあまりなく、毎日ではないけど、コンスタントに書けている。

 

文字数が少なすぎるのはよくない

 と、文字数は気にしない的なことを書いたが、だからといって文字数が少なすぎるのはあまりよろしくない。

 

 少なくとも1000字を下回るのは内容面が乏しくなる可能性がある。そうするとかなり「自分日記」的なブログになってしまい、なかなか他人からは読まれなくなる。

 

 確かにそういうブログも全然ありだと思うが、それでも1000字から1500字くらいは書けたほうがいい。それぐらいの文字数ならブログを書いていくうちに慣れ、自然と書けるようになる。

 

 

文字数よりも内容が重要

 最低限の文字数を書くことさえできれば、あとはブログの内容である。文字数がいくら多くても、話がとっちらかりまくったら、読んでいるほうはストレスをためてしまう。

 

 逆に1500字前後ぐらいのブログでも内容がともなっていたら、読む側も快適に感じる。

 

 5000字の話がとっちらかったブログと1500字前後の内容面が充実しているブログ、どちらが読みやすいだろうか。

 

 大多数がスマホで読むことを考えると、1500字ぐらいの内容が充実しているブログのほうが読まれやすいのは言うまでもない。

 

 文字数も確かに大事だが、それ以上に内容が充実していなければいけない。

 

まとめ

 繰り返すと、理想的なブログの文字数はブログを継続するうえでストレスがかからない程度がいい。したがって人によって理想的なブログの文字数は異なる。

 

 文字数を気にしすぎると、ブログ挫折の原因にもつながるので文字数よりも内容を充実させることを考えたほうがいい。

 

 ただ、あまりに文字数が少なすぎるのはよくない。