意識低い系男子の頭の中

当ブログは意識低い系の、意識低い系による、意識低い系のためのブログです。意識高い人も大歓迎です。意識高くもなく低くもない人も大歓迎です。旧ブログ名「日々の想いを思いのままに」

受験生が試験会場で最大限に力を発揮するために必要なこと

f:id:penser:20190109155452j:plain

 今月はセンター試験だ。

 

 私も今は昔センター試験を受けたので若干記憶には残っている。

 

 この記事自体、受験生が見ることはあまりないと思うが(読者層を見るに)、それでも受験生には力を発揮してほしいので受験ネタを書いてみる。

 

 受験生は今は最後の追い込みで勉強をしまくっていると思う。

 

 でも勉強に目が行き過ぎて大事なことも若干忘れがちだと思う。それが何なのかをこれから書いていく。

 

 確認しておくが、この記事をメインは「試験会場で注意すべきこと」である。

 

 

 

体温調整のしやすい服を着る

 大事。マジで大事。私服でも制服でもとにかく、気温の変化に対応できる服装を着るべきである。

 

 だってさ、もし自分の席がもろ暖房がガンガンついている場所の近くだったらと考えると怖くないか。

 

 暑すぎて集中できないという事態になりかねない

 

 その逆に寒すぎて集中できないという事態も考えられる

 

 「どんな環境変化にも耐えることが実力」

 

 みたいなことをおっしゃる人もいるかもしれないが、防げる「被害」は未然に防いでだほうがいい。

 

 そもそも会場なんて設備がしっかりしている場所もあれば、ホントボロクソで救いようがない場所だってある。

 

 そういう不確実な場所で試験を受ける以上は体温調整のききやすいい服を着ていくべきである。

 

 私服の人とかならそれができると思うが、制服とかはなかなか難しいだろう。

 

 制服とかであればめちゃくちゃ寒い状況でも対応できるカーディガンとかを持っていったりするのがベターな方法じゃないかな。

 

 

 寒くても暑くても対応できる服を着る、これが試験会場で最大限力を発揮するために必要なことの1つである

 

昼飯は腹八分

 以外に見落としがちであるが、昼飯をどうするか、という問題は個人的に結構重要だと思いますよ。

 

 現役の高校生とか予備校言っている受験生とかならわかるが、昼飯をガッツリ食べるとくっそ眠くなってしまう。

 

 確かに「試験の緊張感で眠くならないぜ!」みたいなことを言う人もいるかもしれないが、もしもの事態が起きてしまったらたまったものではない。

 

 というか、センター試験の時間割みたら、昼飯後一発目国語じゃん!2日目は数ⅡB!

 

 やらかすとでかすぎる科目ではないか。

 

 これで飯食いまくって眠くて集中できないとかなったらシャレにならなくないか!?

 

 私は受験生の時、実際の試験でも模試でも昼飯はおにぎり2個とカフェインなし、あまったるくない飲み物(つまり麦茶)とだいたい決めていた

 

 んで小腹がすいたらカロリーメイトで腹を満たす。

 

 結果、試験を受けるパフォーマンスに関してはそれなりによかった。まあ勉強で実力不足というのはあったが。

 

 なので以外に見落としがちであるが、昼飯をガッツリ食べないというは受験生にとっては結構重要である

 

 ただ空腹感がやばすぎるのもまた問題なので、メインはおにぎりで後はチョコなりカロリーメイトでどうにかする、というのがベストだと私は思いますよ

 

 

 あとはカフェインを含んだ飲み物、コーヒーとかはトイレが近くなるのであまりお勧めできないかなー。

 

スマホの電源は切ってあるか絶対に確認しろ

 毎年何人かはいる。試験時間に携帯の音ならすやつ。

 

 まず試験のパフォーマンス云々以前に試験が受けられなくなるのは一番シャレにならない

 

 今まで勉強してきたのにそんな些細な確認を忘れてしまって試験会場から退場とか笑えない。

 

 スマホの電源は試験毎に確認しておいたほうがいい。あとはアラームの設定が解除されてあるかの確認もする。

 

 解答速報とかも気になるだろうが、まずは試験にベストをつくすことが先決だ。

 

 

 とにかく試験会場で試験を受けている時はすべてスマホの電源を切っておくべきである。

 

当日に雪がやばそうだったらホテルに泊まる

 時期的に一番雪が心配される時期である。

 

 特に北海道や東北、北陸など雪が積もりやすい地域で雪が降りまくると、電車自体が動かなくなるという悲劇が起きる

 

 いや、首都圏でもそれは同じだ。というか首都圏のJRとかはもっとやばいかもしれない。

 

 ちょっと雪が降れば遅延しまくるだろう。あとは天候的な問題だけでなく「線路内の人立ち入り」、「人身事故」、「お客様の救護活動」、「電車の運転間隔の調整」となどいろいろありえないハプニングが起きることがある。

 

 もし試験当日に交通機関がマヒしそうでやばかったら前日に試験会場近くのホテルに泊まることも必要になるだろう。人によっては。

 

 もちろん試験会場の近くに住んでいる人は自宅で試験に備えることが最善だと思うが、試験会場から遠い地域に住んでいる人は前日に宿泊したほうが間違いない。

 

 当日試験が受けられなくなり、追試を受けるとなったら、国公立大学の二次試験や私大の試験の対策に時間をさけなくなる。

 

 これほど不本意なことはない。なので当日公共交通機関に何か影響が出そうだったらホテルに泊まることも考えたほうがいい。

 

 試験を万全の態勢で受ける。当たり前だが、これができなければ合格することは難しい。

 

 

 あとは受験票と筆記用具と時計を忘れずに

 

 今日は受験ネタでした。受験生はこんなブログなんて見てないと思いますが、頑張ってください!