文学部卒読書系ブロガーの本と思想のアウトプット録

当ブログは雑記ブログとなっております。主に社会問題・本やネットなどで得た知識・私個人の人生経験談などを書いていきます。

英語の授業を英語で行うとどうなるか?(中学高校編)

 私は「英語の授業を英語で」みたいな英語の授業を中学や高校で受けたことはおそらくない(もしかしたらあったかもしれない)。

 

 で、今の英語の授業もどういうふうに行われているのかあまりわからない。もしかしたら優秀なALTとかの下で質の高い授業が展開されているかもしれない。

 

 「英語の授業を英語で」というのは結構言われていることである。

 

 まあグローバル化的な流れできっと必要なのだろう。

 

 でももし仮に日本の中学高校の英語の授業が完全に英語化したら(やたら英語が多い)、どうなるのか。

 

 考えられることを考えていこう。

 

 

 

英語をノリで理解するようになる

  英語の授業を完全に英語で行ううえで想定されるのは「ノリで英語を理解しよう!」という事態である。

 

 厳密に言うとノリでしか理解できなくなる

 

 英語の教員と言えども、関係代名詞とか可算名詞・不可算名詞の概念を日本語で教えるのってけっこうムズイ。

 

 私もある時期だけ塾講師のアルバイトをやっていたが、英文法の関係代名詞とか可算名詞とかって教えるのが難しい。んまあ私の力量不足なのだが。

 

 で、日本語ですら教えることが難しい英文法の概念を英語で教えるとどういう事態になるか。

 

 だいたい想像できるだろう。

 

 ノリ

 

 もうね、ノリ。これしかなくなる。

 

 だって難しいことを教えることができなくなるんだもん

 

 そうなるともうノリでしかなくなる。

 

 Let's speak English!

 Don't be shy!

 

 みたいなチープな感じの英語しかでてこなくなる。だって難しいことを教えることができなくなるんだもん。

 

 教員の生徒もノリまくると確かに楽しいかもしれないけど、結局難しい概念を理解することができなくなるのだから、英会話とかも支障をきたすだろう。

 

 いや、たぶん簡単な英会話ぐらいはできるけれど、高度な内容になるとたちまちsilentなmajorityとなる。

 

 もちろん英語の読み書きとかも支障がでる。というか読み書きこそ最も支障がでる。

 

 英語のリーディングとかライティングってある程度しっかりした文法力がないとできない。

 

 関係代名詞や可算名詞(これは大人でも難しい)もある程度概念がわかっていないと、良質な文章を書いたり英文を読んだりすることはできない。

 

 英語の授業を英語でやることで難しい概念を理解しようとする気持ちが失せ、「英語なんてノリ」みたいな方向に走ってしまい、私たちはU.S.Aの餌食となるだろう。

 

 いや、わかるよ?確かに英語はアウトプットが大事だ。ごちゃごちゃ難しい概念を理解するよりかはしゃべりまくったほうがもしかしたら効力はあるかもしれない。

 

 そのほうが楽しいだろうし(シャイな私にとっては地獄)。

 

 でもさ、中学とか高校の時こそ文法とか面倒なことをやっておいた方が後々楽になると思うんだよ。

 

 

 それを次に書いていこう。

 

英文法や英単語を覚え理解することは道を舗装するのと同じ

 いやー、英文科を出ている私は言いたい!!

 

 英文法や英単語をこなすことってね、道を舗装するのと同じようなものなんだよ

 

 しっかりと舗装された道があるからこそ車やトラックは走ることができる。

 

 でもその舗装された道を作るのってなかなかのコストがかかる。人も集めなければならない。

 

 要はめちゃくちゃ手間がかかる

 

 舗装された道を作るまでは面倒だが、いったんそれができてしまえばこれほど便利なものはない。

 

 あらゆる交通事故の可能性を低くすることができる(それでも交通事故はなくならないが)。

 

 英語の学習も似たようなもんであって、英単語とか英文法って面倒だけど、いったんその土台を作ってしまえばあとはとてもラクになる

 

 んで、いろいろな難しいこともスムーズに理解できるようになる。長文読解しかし英会話、リスニングしかり。

 

 だからこそ英語の授業を英語でやらせるよりもしっかり母語で英文法の概念を説明し理解させることが重要なのだ。

 

 難しいことをすっ飛ばしていろいろやろうとするとどうなるか。

 

 事故が起きる。

 

 それは舗装されてない道を思い浮かべればわかる。

 

 舗装されてないガタガタな道で車やトラックが走りまくっていたらどうなるか。スムーズに走らないし、タイヤがパンクするし、その影響で交通事故も起こってしまうかもしれない。

 

 英語もそれと同じ。

 

 土台がなってないのに難しいことをやるとスムーズに理解できないし、頭のキャパがパンクするし、そのせいで「交通事故」(考えるにコミュニケーションの問題)が起きる。

 

 

 確固たる英語力を伸ばすためには文法などの難しい概念も理解することが必要なのだよん。

 

結論:英語の授業を英語で行うとどうなるか

 難しいことを理解できなくなり、頭がクラッシャーになる。

 

 でもノリで授業をするのでなぜだかわからないが「英語楽しい!!」みたいな気持ちになる。でもその実全く身になっていないという哀れな事態になる。

 

 「英語の授業を英語で」というのは確かにアウトプットをする、英語に慣れさせるという点では優れているが、まあ所詮絵に描いた餅だ。

 

 もしそれでも英語の授業を英語でやりたければ、そういうオールイングリッシュ的な授業を展開する一方で別個で文法の授業を理解する必要があるだろう。

 

 もうね、世の中は英語英語英語ばっかり。少しは他の言語に関心を示せ!

 

 

 ちゃんちゃん♪