日々の想いを思いのままに

ブログで書く内容は勉強をして身につけた知識や自分の日々思ったことです。基本的には雑記が中心となります。

欅坂46ネタ:平手をセンターに固定しないほうが多様性が出るんじゃないか説

 記事乱発。時間のあるうちにめちゃくちゃ書きまくる。

 

 私、結構乃木坂とか欅坂とか好きなんだが(オタのレベルまではいかない)、年末の特番とか見てたら、センター平手じゃなくても欅やっていけるんじゃね!?と思った。

 

 いや、もちろん平手の存在感は圧倒的だし、見る人を惹き付けるのは事実だ。

 

 平手なしでは欅の躍進はなかっただろう。

 

 で、それだけ影響力があり、センターで圧倒的なパフォーマンスをするので、ネットとか見ていると、「センター平手以外ありえない」みたいなコメントを結構目にする。

 

 が、それって実は勝手な思い込みにすぎなかったりする。

 

 とりあえず年末の特番で見た欅のセンター(私が見た限り)を列挙すると、

 

 鈴本美愉

 土生瑞穂

 小林由依

 

 の3人。個人的にこの3人のパフォーマンスは平手と遜色なかったように思える。

 

 特に土生とかは長身、手足の長さを生かしてかなり存在感を与えていた。

 

 

 んまあ、なので、個人的には土生のセンターが一番イケメンだった。表情もあの真剣なまなざし、「『欅って書けない?』とのギャップありすぎだろ!」と感じた。

 

 土生が一番良いというのは所詮私の感想だが、他にも「鈴本のダンスがキレキレだった」とか「紅白の小林センターはマジでよかった」みたいな意見もあると思う。

 

 いろんな意見があるにせよ、結局感じたのは必ずしもセンター平手じゃなくても欅はやっていけそうだ、ということだ。

 

 というかセンター以外の平手とかも逆に見てみたくないか!?

 

 

 どんな存在感を発揮するのか私としては結構興味あるんだが。

 

 むしろセンターを固定しない方が健全な競争意識も生まれ、グループ全体のパフォーマンスも活性化するんじゃないか。常にセンターが固定されていたら、モチベとか保つの難しくないか。

 

 乃木坂みたいに「誰にでもセンターになるチャンス」を与えた方がいいと思うんだなー。

 

 で、平手だっていつまでも欅にいるわけではない。もちろんまだ在籍はし続けるだろうが。

 

 いつか必ず卒業はするのだから、そういう時になってセンターを誰にする!?ってパニくってたら、それこそ運営自体が危機的な状況に直面しかねない。

 

 それだったら、今から柔軟にセンターを固定しないでやったほうがいいと思う。

 

 まあでもやっぱりセンター平手の存在感は大きいか。

 

 

 センター平手をずっとみていたい、いや、センター平手をずっとみたいわけではない、Ambivalent about!←