意識低い系男子の頭の中

当ブログは意識低い系の、意識低い系による、意識低い系のためのブログです。意識高い人も大歓迎です。意識高くもなく低くもない人も大歓迎です。旧ブログ名「日々の想いを思いのままに」

スマホにはまりすぎて大変なことになった話

 ここ数日の生活がヤバすぎてしょうがない。もうスマホスマホスマホな生活だ。朝起きた瞬間スマホ、夜寝る時もスマホ、もうスマホにどっぷり浸かったスマホライフを送っている。

 

 で、スマホで何をしてるかというと、ネットサーフィンスマニュー、グーグル、ヤフー、あらゆる情報ツールをエンドレスで見まくっている。

 

 それで何か役に立つ知識を手に入れたかというと、もちろんNOだ。ネットで手に入る情報なんてたかだか知れている。

 

 とにかくとにかくとにかくもうスマホははまりすぎるとヤバい。歯止めがきかなくなる。

 

 おそろしやー

 

 

 

スマホにはまりすぎた生活で自分の身に降りかかったこと

 それはもう堕落した生活だ。もうベッドから出たくない何もする気が起きなくなる。

 

 ベッドから出るのがイヤというレベルだからそれ以上のことなんてできはずがない。一人暮らしなので家事をしなければならないが、洗濯するのもウザいし(これは別にスマホとかうんぬん関係なしにめんどい)、食器を洗うのもウザい、テレビをつけるのすらうざい。

 

 もううざうざうざの連鎖だ。

 

 こういう連鎖が続くと自分の性格にも悪影響がでる。とりあえず卑屈になり、人との関わりが億劫になる。というかもう人にすら会いたくないというレベル。

 

 スマホにどっぷり浸かった生活は本当にひどい。

 

 しかもネットの情報って大半はネガティブなものばかりだ。そんなネガティブな情報を見まくっていると、気分が悪くなる。いや、自分がそのネガティブに影響され過激な人間になってしまう。

 

 ここ数日の記事も見かえすとどうしてもネガティブなものばかりだ。

 

www.whatithinkandfeel.net

 

 

www.whatithinkandfeel.net

 

 んまあどうしてもネットの情報というのはネガティブなものが多いのは仕方がないのかもしれない。数字は取れるので。

 

 ただなぁ自分が影響を受けてしまうのは良くないことだ。文章が過激になってしまっている。

 

 文章が過激になっている=私の性格が過激、みたいなことになると読者が減ってしまうという死活問題に直面してしまう。まあひねくれた性格なのは間違いないのだが。

 

 

 スマホにはまる→生活が乱れまくる→性格が卑屈になる→過激な記事を書くとという悪循環に陥ってしまうので、もしあなたがスマホにはまりまくったら要注意だ。

 

 私のようになってしまうかもしれない。

 

なぜスマホにはまった生活を送ってしまったのか

 寒いから!

 寒いから!

 寒いから!

 寒すぎ!

 いや、ほんとに寒い!

 

 もうこれに尽きる。私、雪国出身なのでこんなこというのはアレなんだが、とにかく寒い。いや雪国といっても建物が冬の寒さを考えたうえで設計されている+暖房器具が充実しているので室内はそんなに寒くなかったりする。

 

 むしろ東京の方が寒いと感じてしまう。東京のマンションとかアパートってあまり冬のことを考えて設計されていないので(そこらへんはわからないが)、冬がマジ寒い。

 

 そんなんだからもうベッドから出るのが嫌で嫌で仕方がない。それにスマホなんてあったもんならもうベッドから出ないのは必須なのは目に見えている。

 

 スマホ×ベッド=堕落

 

 間違いない。時期が時期だから言うが、受験生がこのベッドとスマホなんかを手にしたら勉強なんて手につかなくなる。本当にヤバい。

 

スマホに時間を奪われて良質なインプットができない

 だから同時に良質なアウトプットができない。良いインプットをして始めて良いアウトプットができる。

 

 この当たりまえすぎる真実の重要性を痛感した。「ブラック企業大賞」とか「文科省が絶望」とか誰得だよと思ってしまう。

 

 ただ、背負いリュックのアクセスはすこぶる良かったが。まあみんなうすうす思っていたのかな。というか背負いリュックが迷惑ってこれ地方に住んでいる人からすれば意味わからないんじゃないか

 

 地方のローカル電車って満員になることなんてないし、1時間に1本しか走ってないから電車の中で人との距離が露骨に近づくことなんてほぼない。

 

 なぜに背負いリュックが迷惑?みたいに思っているのではないか。背負いリュックなんて結局人の多い都会だけの話なんだな。

 

 スマホの話から逸れたが、とにかく良質なインプットをして良質なアウトプットができる。スマホに時間を奪われていては読書もまともにできないし映画も見れない。

 

 勉強をする時間が確保できない(と言っているが私は意識低い系)。スマホをいじる時間があるのなら読書などで徹底的なインプットをはかったほうがいい。

 

 むしろスマホをいじればいじるほどに頭脳が退化していくのではないか。これは何のエビデンスもないので無責任なことは言えないが、こんな便利なモンずっといじってたらそもそも考えることがめんどくなる

 

 文明批判をするのは老害だが、便利すぎる生活にどっぷり浸かると何かしら失うものはあると思う

 

 それが知性であるならば致命的かもしれない。

 

 

 恩恵を享受することは結構だが、それに依存しすぎると後々私たちは取返しのつかないことになるかもしれない。

 

みんなも歩きスマホしすぎでは?

 私、室内ではスマホ中毒だが、基本的に外で歩きながらスマホを操作することはほとんどない。

 

 だから必然的に周囲を見渡すことになる。

 

 周りを見てみると、とにかく歩きながらのスマホが多いんだな。いや、別にスマホでどうなろうと所詮それは自己責任だと思っているので特になんとも思っていない。

 

 だが、歩いている人がみんな下を向いているってなんだか違和感を感じずにはいられない。

 

 歩いている人がみんな下を向いている。この国に蔓延する閉塞感というのは実はこういうことが原因なのではないのではないか?

 

 みんな歩きながら向いている方向は下。これでは明るくならないのも無理ない気がする。

 

 上を向いて歩こうぜ!

 

 私などがこんなこと言う権利などないが、ずっと下を向いていたら気持ちまで沈んでしまう。しかもネットはネガティブな情報がめちゃくちゃ多い。

 

 

 下向いてネガティブな情報ばかり見てたら精神までおかしくなってしまうよ。

 

今後の私

 今後はスマホ依存にならないように良質なインプットを増やしていく。もともと本を読むことは結構好きなのでその本を通してインプットをはかっていく。

 

 あとは冬の寒さにもマケズベッドから出る努力をする(レベル低!)。ベッドから出ることを諦めてしまったらそこはもう地獄でしかない。

 

 気が沈み、スマホをいじりネガティブな情報にどっぷり浸かり、性格が卑屈になり、人と会うのがめんどくなり、家に引きこもる、という悪循環がそこに待っている

 

 そうならないよう、暖房をつけてベッドから起き上がり、スマホに依存しない生活を送る。

 

 考えてみれば普通のことなんだが、冬になるとどうしてもベッドから出たくなくなり、スマホという文明の利器に身を委ね、堕落した日々を送ってしまう。

 

 しかも年末とか休みになるしね。明らかに堕落する条件が整っている。

 

 とりあえずスマホライフにはまりわかったことは、スマホにはハマるのはヤバいということ。スマホに自分の生活を持っていかれるとかホント笑い事ではない。

 

 もしこの生活を維持していたら……と考えると恐ろしくなる。というか私だけでなく他の人も似たような症状に陥っているのでは?

 

 

 スマホを使うのは悪いことではないが、それに依存すると人生持っていかれるよ。