日々の想いを思いのままに

ブログで書く内容は雑記、教育、英語などです。

日大医学部の入試は不適切ではない

 テレビやネットを見れば連日連夜というぐらいに医学部の入試の不正が報道されている。東京医科大は多浪や女子の受験生を減点していたり(東京医科大だけではないが)、順天堂大学医学部は「女子はコミュ力が高いから減点」という全く意味不明な説明をしていたり、とにかく問題が山積している。

 

 多浪や女子の受験生を不当に差別するのは言語道断である。これでは純粋に医者になりたい人がバカを見ることになってしまう。大学の信頼が下がるのは言うまでもない。

 

 だが、日大の医学部の入試に関しては「これ、不正じゃなくない?」と思ってしまった。なぜそうなのかを淡々と述べていこう。

 

 

 

正規合格者に関しては差別がない

 マスコミが「日大の医学部が不正入試!」ととにかく騒いでいるが、そもそも日大の医学部は正規合格者に関しては不当な得点調整は行っていない(と大学側は主張している)。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 優遇したのはあくまでも追加合格者である。追加合格なので当然正規の合格枠には入っていないということになる。

 

 で、これを言うと「追加合格でも卒業生の子女を優遇したことには変わりない!だから許せない!」と怒り狂う人もいるだろうが、追加合格を優遇したところで問題あるのか?と私は思う。

 

 正規合格は公平に行った以上試験全体として大きな混乱はなかったはずだ。そういう状況でちょろっと追加合格を卒業生の子女を優遇したところで大きな問題にはならないはずである。だって正規に合格していないのだから。

 

 それをいちいち「許せん!」と怒り狂うのはあまりにも厳しすぎである。そんなことよりも国民の税金をむさぼりつくしてパソコンが使えない政治家がサイバーセキュリティの担当をやっていたり、とにかく強引に議論を進める自民党の方がよほどムカつくのだが。私は。

 

 

 「こんな人たち」の愚行と比べれば日大の卒業生の子女を追加合格するなんて大した問題ではない(比較対象がおかしいが)。

 

卒業生の子女を入れれば優秀な医者になるか

 日大側は「本学医学部の入学意識が高く、卒業後に付属病院などの発展に貢献してくれる可能性が高い」と主張している。そのことを踏まえて問題を考えていこう。

 

 彼ら、つまり「子女優遇枠」で入った学生が卒業後優秀になるかはわからない。だが、入学意識が高いというのは間違ってはいない。

 

 落ちてどうしようもない状況の中でギリギリで拾ってくれたのだから。それはもう感謝しかないだろう。ギリギリのところで医者になるチャンスを得たのだ。

 

 そういう学生であれば、なんとかして大学に恩を返したいという気持ちで勉学に励み、優秀な医者になってくれる可能性は高い。しかもそのような学生が医者になり社会で活躍してくれれば、日大のブランドイメージは上がる。

 

 そうなると受験者が増え、大学の運営も良い感じに回っていく。まさに好循環である。親が日大出身ともなれば日大に関する情報も学生に入ってくる。そういう環境であるなら、日大に対する印象も良くなるだろう。

 

 

 話がそれてしまったが、「卒業生の子女枠」で入った学生が優秀な医者になってくれるかはわからないが、優秀になってくれる可能性は高い、と言えよう。

 

他大の医学部入試と日大医学部入試の比較

 日大は追加合格者を「卒業生の子女枠」で取ったのに対し、東京医科大学は普通の入試の段階で多浪、女子受験生の得点を調整していた。順天堂大学医学部は「女子はコミュ力が高いから減点」というもうコミュ障な理由で差別していた。

 

 比較してわかることは正規合格者に対し何らかの差別があるがかどうかである。フェアな入試において差別をしなかったという点に関しては日大はマシだと思う。

 

 しかも日大は追加合格において「高い入学意識を持って卒業後に活躍してもらう」という戦略的な理由を持ってして受験生を取っている。

 

 考えると、日大は極めて合理的な判断をしたうえで学生を取っている

 

 他大は「多浪より現役、1浪の方が将来的な見込みがある」だったり「女子はコミュ力が高い」という意味不明な理由で差別をしている。

 

 そういう点からしても日大医学部の入試は不当とは言い難い。

 

日大はどうすべきだったのか

 これは日大に限ったことではないが、もし仮に何らかの得点調整を行うにしても募集要項でしっかりと書くべきだったと私は思う。

 

 例えば、「高校卒業後5年が経過している場合はマイナス5点にする」とか「追加合格に関しては卒業生の子女を優先させる」など具体的に募集要項に記入しておけば大きな混乱になることはなかったと思う。

 

 しかし、それでも書けないのは世間の目があるからだろう。もし浪人生の点数を得点調整するみたいなことを書いたら、世の中だまっちゃいない。

 

 たちまちマスコミが「○○大学医学部が受験生を差別」みたいな報道をし、世間もそれに同調し非難の嵐になる。そういう理由で大っぴらに書けないのは無理はない。

 

 ただ今回の件で医学部入試とは何かと考えさせられたと思う。多浪生や女子受験生を不当に差別することはあってはならないが、日大のような追加合格者を優遇する措置はさほど問題はないと言えよう。これからはそのような記述を募集要項などに記せばよいかと。

 

 

 まあ難しいか。