ニート系人間が思うこと-Je ne pense pas que je suis NEET

ブログで書く内容は雑記、教育、英語、カラオケ(たまに)などです。ニート系であって純粋なニートではありません。

潜在意識と収入の関係~実践編

 お金や潜在意識に関する記事は以前にも書いた。

 

www.whatithinkandfeel.net

 

 

www.whatithinkandfeel.net

 

 が、潜在意識というやつは実践するのが難しいと判断したので、またまたその手の記事を書いていこう。参考にした本は『ウォール街の金融マンも学んでいるお金持ちになる心理学』

 

 これでうまく吸収していただけたら幸いである。

 

 上記の記事と似たり寄ったりになっているかもしれないが、ご了承願いしやす。

 

 

目次

 

潜在意識と収入の上限

 結局のところ、私たちの収入は日々の潜在意識によって左右されていることが多い。

 

 あなたの収入はいくらぐらいだろうか。

 

 ごく一般的な働き方をしているなら約400万から600万くらいか。

 

 これが管理職になると800万前後ぐらいになるだろう。

 

 これは実は私たちが自分はだいたいこれくらいの収入にふさわしいということを潜在意識のレベルで思っている結果である。

 

 「なんで私の年収が○○万に?」と疑問を抱いている人は少ないだろう。

 

 

 ということは当然自分が納得しているわけである。

 

 なので今以上の収入を得るためには自分の理想とする年収を思い描き、本気でそれぐらいになるはずだと確信を持たなければならない。

 

 このことは上に載せた記事の『現実を変えるためには』で書いたので参照いただければ。

 

 毎日毎日思い続ければ、現実になる日はそう遠くないだろう

 

 ではなぜ潜在意識のレベルに理想を落とし込むことによって、それが現実になるのか。

 

 それは脳がそうなるための情報を探すからである

 

 具体例を出そう。

 

 あなたが意識下で犬(ポメラニアン)を思い描いたとする。または秋田犬。

 

 後日歩いていると、その犬を見かけた、という経験はないだろうか。

 

 この種の具体例は以前の記事でも出したが本質的な理由は書いていなかった。

 

 つまり犬を探そうとあなたの脳が探していたのである。

 

 収入を増やそうという意識をもったなら、それを実現するための材料を脳が探すわけである。

 

 そもそも情報というのは意識しなければ入ってこない。

 

 何も意識しなければただ周囲のものが見えるだけである。

 

 そのような点から、もし収入を増やしたければ、常に、というのは難しいが、意識しておくことが重要だ。

 

潜在意識における問題点

 潜在意識を使いこなす上で切り離せないのが環境である。

 

 私たちの意識は生まれ育った環境に影響されていることが多い

 

 あなたの親がお金に何かやましいイメージをもっており、そのイメージを子供にも植え付けていたらなかなかやっかいである。

 

 あなたの親が「お金は苦痛との対価なのよ!」とか「お金は苦労して手に入れるものだ!!!」とか「金持ちなんて心は冷たいんだぜ~」という類いのことをあなたに言ったなら、そのようなイメージに支配されてしまう。

 

 そういう考えに支配されてしまうと、あなたがいくら「お金持ちになりたい」とか「不労所得を得たい!」と意識しても、潜在意識で悪しきイメージがある以上実現が困難なのだ。

 

 

 

 そういう場合はまずそのようなお金の印象を変えていかなければならない。

 

 少し話がそれるが、「お金持ちは冷たい」とか「お金を持ったら傲慢になる」と思っている人がいたらそれは間違いだ。

 

 それはお金の問題ではなくその人の知性、品性の問題である

 

 当たり前だが知性のない人間が大金を手にしたらそら湯水のように金を使うだろう。

 

 いままで酒、たばこ、ギャンブルにどっぷりつかっていた人がいきなり宝くじで大金を手にしたらどういう末路になるのかだいたい検討がつく。

 

 一方で今まで真面目マンだったのが1億円getして傲慢になったとしたら、それもその人の知性、品性なのだ。

 

 要はマジメ系く…ryである。

 

 なので収入を増やすことを考えたなら同時に知性も磨いていかなければならない。

 

 大金を手にしてもそれをしっかりコントロールするための知性と言い換えてもよい。

 

 これを書いている中の人も頭がパーなので日々勉強の日々である。

 

 で、話を戻すとお金に対して良いイメージを持つことが大事。

 

 あなたはなぜ生活ができているのか?

 

 もちろんお金のおかげだ。

 

 周りに支えられているからと答える人もいるだろう。

 

 もちろんそれも正解である。ただ、金がないと住む場所が確保できない。

 

 ごはんも食べることができない。服も(もらえば得られるけど)買えない。

 

 金がないと衣食住を確保できない。

 

 旅行もカラオケも金がないとできない。

 

 彼女とデートする時も金がないといろいろ面倒だろう。

 

 もちろんヒモが大好きな人なら別だが。

 

 というか日本は資本主義である。金がないと生活を維持できない。

 

 金なしで生活したいなら資本主義とは無縁の国に移住するしかない。

 

 「大事なのはお金じゃない!」と言いたい気持ちもわかるが、Japanはcapitalismなのでどうしても金は重要になってくる。

 

 というかこういうことを声高に主張するブルジョアに私は出会ったことがない。

 

 金が重要なのは真意であって、おおっぴらに宣言するものではないのだ。

 

 どうだろうか。

 

 少しはお金に対して積極的な印象を持てだろうか。

 

 お金があれば、自分のしたいことの選択肢が広がるだろうし、それによって新たな世界観を得ることができるだろう。

 

 繰り返すが大金を一気に浪費するのはお金それ自体の問題ではなく、その人の知性、品性なのである。 

 

 なので、お金にマイナスイメージを持っている人はまずそのイメージを変えていこう。

 

本の字面だけを追っても意味がない

 潜在意識系の本やネットによる情報は溢れかえっている。

 

 しかし、それでも実践し、理想を現実にできている人はほとんどいない。

 

 それは結局、情報の字面のみを読み、鵜呑みにしてしまうからだ。

 

 行間の意味を深く考えずに書かれてあることをそのまま実践してしまうからだいたいが失敗してしまう。

 

 潜在意識において重要なのは、顕在意識と潜在意識を一致させることである

 

 それを理解したうえで潜在意識に関する情報に触れるといわんとしていることがわかると思う。

 

 どっかの記事で書いたと思うが、このブログの中の人自身が書いてあることを鵜呑みにして、失敗してしまったことがあるので、このブログを読んでこれから潜在意識についての勉強をしようと思っている人がいたら、とにかく潜在意識と潜在意識を一致させることを意識して情報に触れてほしい。

 

 んで、またまた中の人のことだが潜在意識の正しい理解をしたことで、不幸に見舞われる頻度は少なくなった。

 

 また、自分の頭に描いたことが割合現実に起きやすくなった。

 

 なので、しつこいし、くどいが潜在意識についての正しい理解をすることは大事。

 

 最初に乗せた記事にも乗せたが潜在意識で自分の理想とするものを引き付ける方法は、その理想とするものが100パーセント、絶対に手にできると確信をもつことである。

 

 絶対に疑いを持たないこと。もう手に入って当たり前だと強く思い続けること。

 

具体的に多くの収入を得るための方法

 

 いくら潜在意識が重要だといっても、実践しなければ意味がない。

 

 なので収入を増やすための方法論を書いていこう。

 

 収入をupさせるために必要なことは自分の得意分野を生かすことである

 

 自分の得意なことは無駄な時間をかけず、効率よくこなせるのでストレスフリーでしかも収入も得ることができる。

 

 しかもそれが自分の好きなことであったならもう完全無双状態である。

 

 給料が上がらない、仕事がいやで仕方ないのは、得意じゃないことを無理やり頑張って、嫌々やっているからである。

 

 業務を行う過程でその業務が得意になり、好きになればいいのだが、多くの人はそうなっていない。

 

 だいたいは現状を変えずに仕事の愚痴をいい、居酒屋でやけ酒したり、電車で居眠りするだけである。

 

 結果生活が負のスパイラルになり、収入が増えないのに、居酒屋のやけ酒によるから揚げ×ハイボール効果で体重だけは太っていくんだな。

 

 もし将来好きなことで飯を食っていくために、今はさして興味もないことをやっている人は…頑張ろう。

 

 というか私がこの種の人間なんだけどね。今はプライベートでスキルを向上中なのだ。

 

 まあとにかく好きなこと×得意なことは収入を上げるため不可欠な要素だろう。

 

 最悪好きなものでなくても、得意なことを職業にしよう。

 

 好きなこと×得意なこと以外で収入を増やす方法は資産運用である

 

 そう株とか、投資信託などである。

 

 投資信託は少額から始められるのでもし、資金があるなら、やってみよう。

 

 そもそも今の時代、貯金や節約では資産は増えない。

 

 物価が年々上昇傾向にあるのに給料がたいして増えないとなると将来生活が苦しくなるのが目に見えている。

 

 貯金だってそうだ。

 

 今の銀行の金利はだいたいが0.01パーセントである。

 

 これではいつまでたっても金は増えない。

 

 確かにお金なんてほとんど使わない!、というストイックマンなら別だが、よほどストイックマンでなければ貯蓄することは難しい。

 

 地道にまじめにコツコツお金を貯めるというのはもはや通用しない。

 

 何も考えずにそうしているとなぜ貯金がたまらないのか気付くことさえできない。

 

 だから資産運用するなり、純粋に収入を増やすことをしなければ生活は苦しくなる一方なのだ。

  

 潜在意識によるお金に対する意識の改善と収入を増やすための実践的な行動を取っていこう。

 

 あなたは今のままで良いのか。

 

 私は絶対良くないと思う。

 

 だから今は適性がない仕事をしつつも、スキルが向上し次第、行動に移す決意でいる。

 

 実際に行動をしていかなければ、今の生活を変えることができない。

 

 それでもいい人は別だが、そうでない人は一緒に頑張っていこう。

 

 そう、ここに書いてあることは自分自身に対しての戒めでもあるのだ。

 

これからの展望

 これからは今までの常識はますます通用しなくなっていく。

 

 AIの台頭で、人間がやっている仕事はAIが取って代わって行うことになるだろう。

 

 これに関しては賛否両論あるが、何も考えずに行動をしないままでいると、いつの間にかプーになっている、という事態になるかもしれない。

 

 それ自体が良いか悪いかは別として、これからの時代は主体的に行動していかなければ時代に取り残される可能性が高い。

 

 もちろん何もしなかったとしてもそこまでダメージは大きくないと思うが(もしかしたらベーシックインカムとかが支給されるかもしれないから)、どうせなら行動していった方が視野が広がることだと思う。

 

 行動すること自体は以前にも増してしやすいだろう。

 

 今はネットが発達しているのでブログなりツイッターなりで意見を発信していくことができる。

 

 そうした過程で潜在意識が改善され、自分を取り巻く現実が変わっていければ幸いである。

 

 

無駄な事を排除し嫌な事は考えない

 これまでは潜在意識を活用することで良い方向に人生を持っていこうということを大体話した。

 

 しかし、潜在意識は常に正直である。

 

 良いことを絶えず考えれば確かにそれに応じた出来事を引き寄せられるが、同時に悪いことも考えれば、それを引き寄せてしまう。

 

 むかついたときに限って電車が遅延していたり、入った飲食店が満席になっていた、というような経験をしたことがあるだろうか。

 

 これはあくまでもあなた自身がその現実を引き寄せてしまったということができる。

 

 なので、極力むかつかないで日々を過ごそう!…というのは難しいだろう。

 

 怒りやむかつきの感情を排除することは不可能である。

 

 その対策としては自分で、「あ、今俺(私)むかついている」と客観的に自分を観察してみるとよい。

 

 そうすればそれ以上にむかついたりする危険性は防ぐことができる。

 

 まああとはマイナスの情報に触れないことだ。ヤフーとかテレビのニュースの内容は大体が怒りを喚起するものが多い。

 

 それでくだらないことにエネルギーを使ってしまい、悪い出来事を引き寄せてしまったら、せっかく潜在意識の実践ができてきたのにすべてダメになってしまう。

 

 なので怒りを喚起するようなマイナスな情報には極力触れず、良いもの、具体的には自分の興味あるものとかに目を向けまくりプラスの感情を維持していくことが大事。

 


お金持ちになる心理学 [ 和泉昭子 ]