ニート系人間が思うこと-Je ne pense pas que je suis NEET

ブログで書く内容は雑記、教育、英語、カラオケ(たまに)などです。ニート系であって純粋なニートではありません。

高学歴からの大企業の人生は割に合うかという問題

 高学歴から大企業は人生においては大きな影響があることは言うまでもない。中小よりも待遇が良いところが多いし、学歴は出世レースにも関わってくる。ただ、今一度このことを考えてみると違った視点が見えてくるかもしれない。

 

 

高学歴→大企業のメリット

 まず、高学歴である点で多くの選択肢が広がる。以前ほど学歴フィルターは弱まっているにしても、それでも現在多くの企業は学歴によってふるいにかけているところが多い。行っている大学にしても、「偏差値の高い」大学であるほど入ってくる情報は多いし、何よりもその情報の質が良い

 

 そういうわけで彼ら彼女らはより有利な状態で就活を進めることができる。最悪大手とかがだめでもそこそこ良い企業に入ることができる。そう、就活によるリスクが低いのである。確かにその大学生が就活をなめきってたらそりゃ良いところは狙えないけれども、普通にまじめにやっていればどこかしらに入ることはできるのである。

 

 高学歴が有利に働くのは以上のような点だろうか。まとめると選択肢が広がり、就職先が割合選べる。学生の質が高いので入ってくる情報量、質がかなり良い、そういう感じである。

 

 んで、就職した後もその恩恵を受けることが多いだろう。大体偏差値が高い大学は卒業人数も多いので就職した会社に自分と同じ大学のOBOGとかが多いのはよくあることだ。そういう状況ではいろいろ有利に働かないことがない。出世とかイスが決まっているから難しい問題だが、仕事の情報とかいろいろなことを教えてもらいやすい環境にはなる。

 

 なので社会に対する不安というのは幾分か和らぐだろう。なにより、「同じ大学出身」の人がいるという安心感がある。したがって精神的に結構ラクである。

 

 いろいろ書いてきたが、やはりそれなりにメリットが多いのである。

 

高学歴→大企業のデメリット

 当然話はデメリットになるわな。高学歴大企業のデメリットはなにか。それは社会的責任が常に付きまとうということである。ごく普通のDQNだったら見過ごされる問題もある程度の学歴と社会的地位があったら見過ごされない。

 

 報道をみてもそうだろう。例えば「偏差値高し」の大学生がへまやらかしたら、すぐに「○○大生」と大学名まで公表され報道される。所属している企業がrichだったら「○○企業に勤める誰それが」と報道される。

 

 マスコミにとってはそういう社会的地位が高い人の犯罪行為というのはかなりのネタになるのである。なので社会的責任が相応に付きまとうのである。犯罪行為に対しては別に普通の人でもダメなんだけどね。まあインパクトに違いが出るのである。

 

 以上述べてきたのが社会的責任に関してである。高学歴大企業のデメリットのもう一つの点はroad to 社畜になってしまう危険性があることだ。

 

 そもそも日本の教育は社畜を大量生産することを念頭に行われている。学校生活と会社あるいは公務員生活はたいして変わらない。朝早い時間に登校あるいは出勤させられ授業が終わると部活や受験勉強という「サービス残業」が始まる。

 

 社会人だって勤務時間が終わっても残業がある。あーめっちゃ学校と会社って似てる。要はそういう環境に適応し生活しているということは少なからず社畜になっているのである。

 

 しかも大企業ほど残業(というか労働環境)がえげつなかったりする。これは昨今の日本の劣悪な労働環境の報道から明らかだ。ただこんなのは所詮氷山の一角だろう。もっとひどい状況が存在しているかもしれない。

 

 ただこういう例を出すと中小だって状況は同じという意見が出るだろう。確かにそうである。ただ請け負う仕事のキャパ的に大企業の方が結果重くなる。そうした結果過労死という悲劇が生み出される。

 

 そういうわけで自分でも知らないうちに社畜になってしまい結果労働災害に巻き込まれるという危険性が高学歴大企業に起こり得るわけである。

 

 まとめると社会的責任が重いということと社畜になってしまうという危険性が高学歴大企業にあるのである。

 

じゃあどっちがいいの?

 ということであるが、無責任ではあるが自分次第ということになる。ただ高学歴大企業というのは相応のメリットがあるので、目指すことはマイナスにはならないだろう。ただ、ネームバリューだけで企業を選択すると後に痛い目にあうと思うので、自分の適性と照らし合わせて企業選びをするとよいだろう。

 

 大学受験はどうしてもいちいち大学の教育や学部学科を調べる時間がないし、地方住みの人とかは調べる環境自体ないことが多いのでネームバリューで大学を選ぶのは仕方ないとは思う。ただあまりにも自分の興味関心とはかけ離れた学部とかは選ばないほうがいい。入った後に絶望しかねないので。

 

なので大学に関しては興味ない学部とかを避ければ全然偏差値で大学を選ぶのはあり。しかし会社となるとそもそもいろいろな問題が付きまとうので、よくよく吟味して選ぶべしだと思う。

 

 特に人間関係とかうざったいことがあると思うのでできれば人間関係とかも調べられたら最悪な事態は回避できると思う。

 

 今日はこれまで!