ニート系人間が思うこと-Je ne pense pas que je suis NEET

ブログで書く内容は雑記、教育、英語、カラオケ(たまに)などです。ニート系であって純粋なニートではありません。

大学生は本当に勉強しないのか

 日本の大学生は勉強しないという人が一定数いる。大学生はバイトにサークルに時間を使っているので勉強なんてしない、というのである。本当にそうなのか。

 

 なので大学生は本当に勉強をしてないのかということについて考えていこうと思う。

 

 

勉強してないという批判

 よくありがちな世間の考えとはどのようなものなのか。考えられるのは、「大学生になったら天国だ。勉強だけでなく、自分の好きなことがたくさんできる。だから今受験勉強に集中しろ!」的な意見だろう。

 

 この意見で読み取れるのは大学に入ったら勉強なんてしなくていい。だから今必死に勉強しろということだろう。

 

 んま、確かに大学に入学すれば、受験生の時と比べれば勉強量は落ちるだろう。受験生の時と同じくらい勉強している人はまれである。単位だって私大の文系に関しては結構ゆるい。国公立や理系はその限りではないと思うが。

 

 それでも勉強量自体は受験生の時と比べれば少なくなるのは私も含め経験済みであろう。まあまとめると将来のために、今苦しめ的な感じか。

 

 そういう風だから大学生はろくに勉強してないという批判がくる。

 

 

 もう1つの勉強してない批判は海外の大学生との比較である。「アメリカや中国などの学生はかなり勉強しているのにそれに比べて日本の学生は…」という批判だろう。

 

 これは間違いない事実である。別にアメリカや中国だけでなく海外の学生は全般的にかなり勉強している。日本の学生とは確かに勉強時間に差はある。

 

 なぜこのようなことが起きるのか。それは成績及び所属している学部が就職に直結しているかどうかの違いだろう。

 

 日本においては、大学の成績及び所属している学部が就職先に直結しているわけではない。別に大学の成績が悪くても大企業に就職できるし(私はもちろん違うよ!)、文系の学部からだってエンジニアにだってなれる。

 

 一方、海外の大学は違う。大学の成績がもろに就職に響くし、職種によって「○学部卒」という条件が付けられている。なんで、銀行なのに文学部卒みたいなことは基本的にはない。このように海外の大学は将来の進路に成績と学部が影響する。それゆえにみな必死こいて勉強するのである。

 

 なぜ日本の就職においては成績と学部が関係ないのか。断定するのは控えるが、およそ受験時の学力を考慮しているからだろう。「この大学の学生ということは受験時にこれぐらいの学力があったのだろう。だから会社に入ってもそれなりにポテンシャルを発揮するだろう」という暗黙の了解的なところがあると思う。

 

 だから大学の成績なんて基本考慮されなくなるし、学歴差別というのも生まれる。まあそれだけ日本というのは受験というのが世間において大きな関心事になっている。以上のように受験の厳しさの反動という感じで勉強しなくなるという考えが強いことがわかる。

 

では本当に大学生は本当に勉強していないのか

 んじゃ、本当に勉強してないのかと言われればノーである。確かに海外の大学生と比べれば勉強量で劣る。しかしそれでも日本の大学生は勉強していると思う。すでに述べた受験さえ乗り切ればあとは勉強しなくていい的な考えはもはや過去の話だと思う。

 

 昔は勉強しなくてもなんとかなったと思う。それは働く環境が大きく影響していると思う。その当時は現在と違いグローバル化の流れに飲み込まれることはなかったので、新入社員のスペックが低くても(まあ受験のときの学力が高ければ)、育てる余裕があったと思う。

 

 しかし今はグローバル化の流れに飲まれ競争が激化している。それゆえ、受験時のスペックが高くて大学で勉強してないマンというのは育ててる余裕がないのだ。いや、それ以上に受験の学力というもの自体がそこまで意味をなさなくなっているのではないか。

 

 現在は少子化などで競争率が減り昔よりかは大学に入りやすくなっている。また、推薦やAOとか多様な受験システムがとられている。そのような時代の流れから受験の募集枠が相対的に少なくなってきている。

 

 

 そういうふうなわけで、あんまり受験の学力というのは重要ではなくなっているのである。もちろん一般入試組は高い学力があるので、継続して勉強すればそれなりに人生は明るいと思うが。

 

 まあとにかく言えることは大学に入った後にどれだけ勉強するかが重要になっているのである。しかも最近では1コマ100分の授業時間にする大学が増えている。メジャーどころでは明治とか法政とか。なので大学も学生に対ししっかり勉強することを課そうとしているのがわかる。

 

 なので純粋に勉強嫌いという人は大学に入学した後けっこうしんどいかもしれない。

 

 大学での勉強が重要になっているということは多くの大学生にチャンスが与えられたということである。もし不本意な大学に入学し意気消沈している人でも4年間しっかり勉強すればそれなりの恩恵をうけることになるだろう。

 

 ただそれでも、まだ学歴フィルターはあるので、努力して勉強しても思うようにならない人もいるかもしれない。でも身に着けた知識はどこかしらで生かされるはずなので、しっかり取り組んだらよい。

 

大学生は本当は勉強している!

 以上のことから大学生は日々勉強している。中には本当にバイト、サークルにどっぷりつかり勉強していない人もいるが、時代が時代なのでみんな勉強しているのである。

 

 で、すでに述べたが1コマあたりの授業時間を長くする大学も増えているので、大学も意識高めである。

 

 就職においてもそうだ。最近では大学の成績を考慮に入れる企業も増えつつある(それでも学歴フィルターはあるが)。このことからわかるのは企業も学生の勉強に対する姿勢をようやく評価しはじめたということだろう。非常にいい流れだと思う。

 

 まあもう1つ企業にお願いしたいのは画一的なリクルートスーツが学生に就活させるのはやめろということかな。あれはまじサイマジョだから。目の前のガラス割りたくなっちゃう。

 

 話はそれたが、てか繰り返すが、企業も大学生の日々の努力をようやく評価し始めたので大学生はぜひ勉強したほうがいいと思うよ。確かに適当にやってAとかもらえる授業はあるけれどもそれでもAという評価に変わりないので、がんがんラクタンを、というのは言っちゃいけない!

 

 しかし大学も意識高くなってきているので成績もより公平公正になってきているんじゃないだろうか。なので勉強大事

 

 今日はこれまで!