二重整形を行った理由と経過について

二重整形を受けた経験があります

高校卒業から大学の入学式が始まるまでの間に、二重整形を受けた経験があります。
私が受けた施術は切開法で、メスを使用して行う整形術でした。
メスを使用しない埋没法も、ダウンタイムの少なさや痛みの少なさという点では魅力的でしたが、私としては絶対に元に戻らない方法で二重を目指したいと思っていました。
埋没法はいつか一重に戻ってしまう点がネックだったため、結果として選んだのが切開法だったのです。
以前からぱっちりした目元に憧れていて、一重よりも二重の方が純粋に見た目が良くなると考えていました。
そのことから二重整形は絶対に行いたいと思っており、大学への進学という新たな環境に入る前のタイミングで実施しました。
両親は理解があり、反対されることは無くスムーズに話が進められたため、その点はとてもありがたかったです。
母親と一緒に美容クリニックへ訪れて相談し、仕上がりイメージを何度も確認しながら手術の当日を迎えました。
まぶたを切開するというのは当然ながら初めての経験でしたし、緊張や不安がなかったと言えば嘘になります。
一方で、それ以上に施術後が楽しみだったことも確かです。

二重整形を受けた経験があります綺麗な二重のラインができると思っただけでワクワク自然な二重に仕上がっている